フォト
無料ブログはココログ

« レッドリスト2種・ヒイラギソウとチョウジソウ@野川公園 | トップページ | カキツバタは顔佳花ともいうんだって@水生植物園(神代植物公園) »

2015年4月27日 (月)

常勝浦和も一抹の不安@マチダが危惧

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは心配性のようです。

負け知らずの浦和ですが盤石の勝ち方を求めてぜいたくな悩みを吐露してます。

    shoe   shoe    shoe

浦和2-1名古屋 浦和はシュート数も大幅に上回っていたし得点差の割には危なげない内容です。

だからこのまま突っ走れるかというと、そうはいかないでしょう。

終了間際に失点したように、なぜか一瞬隙を見せるDFのもろさに不安を覚えます。


得点力はズラタンが加入したことで、相手に脅威を与えることができるようになりました。

DFが注意を払うため他の選手が得点を狙いやすくなっています。

ところが肝心のゲームをコントロールできる選手がいません。

柏木はボール扱いもいいし、巧い選手です。

でも、決定的なパスを出したり、選手を走らせたりさせるには、まだ物足りない。

まだ早いかもしれませんが、ゲームメーカーとDFに依然弱点が残っています。

下手をすると一昨年の二の舞になる可能性も。

footfoot

名古屋は本社トップまで乗り込んできて、気合を入れられています。

でもチームのトップが変わらないと挽回は不可能です。

ここもゲームを作る選手がいませんね。

永井の足を生かそうと外に持っていきました。

縦に空き地を作って走らせようとしているのでしょう。

しかしJきっての飛び道具を使いこなせなままもがいているのが現状です。

なんかすべてが闘莉王頼みのようで、監督の狙いがどこにあるのか疑問です。

もたついたままなら交代論が出てきます。

むしろ出ないのが不思議。

sagittariussagittarius


鹿島1-2神戸 柴崎のゴールは見事でした。

右サイドでボールを持った瞬間にシュートまでのイメージができているようでした。

軽くドリブルすると中央へ入れ、自らリターンをもらうために真ん中へ走りこみます。

完全に周囲を見ているのでためらいはありません。

DFを置き去りです。ほぼフリーの状態で落ち着いて左足でゴール左に決めました。

やはり並じゃありません。

あえて言うなら、決定的な仕事をしたのに決定的な仕事をさせるようなパス、動きが少なかったのには不満が残ります。

代表なら仲間を生かすプレーがもっと求められるでしょう。

runrun


ハリル監督になって、球際だとか縦へのスピード、ロングシュートだとかが言われ出しました。

でも、別段目新しいことではなく、以前から指摘されていた事です。

分かっていながら改善してこなかったのはJのコーチングが基本を忘れて技巧に走っていたと非難されても仕方がありません。

それと審判にも責任があります。

やたらとファウルを取る。

足を狙うのは選手生命にもかかわるので×です。

ただ、腰から上へのチャージは正当な形なら許されています。

相手が転んだくらいで笛を吹くなんてお嬢様サッカーです。

後ろからの悪質な当たりや手を使うのは当然ペナルティーでもサイドから前で肩や腰をぶつけるのは許されたボディーアタックです。

審判には試合をコントロールする責任があるのと同時に、面白さを消さないようにする義務も課せられています。

教条的な正義の味方になるのではなく選手と協力して盛り上げる役目を担っていることを自覚するべきです。

多少のオーバーアクションがあったっていいじゃないですか。

プロの審判なんですから。

                             マチダ

« レッドリスト2種・ヒイラギソウとチョウジソウ@野川公園 | トップページ | カキツバタは顔佳花ともいうんだって@水生植物園(神代植物公園) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッドリスト2種・ヒイラギソウとチョウジソウ@野川公園 | トップページ | カキツバタは顔佳花ともいうんだって@水生植物園(神代植物公園) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30