フォト
無料ブログはココログ

« やっぱり「出世の階段」は上らないで下りました・愛宕山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その3 | トップページ | 馬に乗ったお地蔵さん・勝軍地蔵@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その4 »

2015年4月30日 (木)

代表効果で宇佐美が覚醒@6試合連続ゴールにマチダがパチパチ

パトリックからの折り返しを宇佐美が難なく決めました。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも惜しみない拍手です。

次節の浦和戦が面白そう。

     shoe    shoe    shoe


G大阪1-0松本 宇佐美が完全に覚醒しましたね。

今更言うのもなんですが、代表効果でしょう。

ボールタッチからシュートまでの速さは日本人離れしていました。

それを点に結び付ける感覚をつかんだに違いありません。

理屈じゃないセンサーみたいなものです。

前半16分、中央から右のパトリックへパス。

この局面で2対3。

パトリックが持ち込んで相手をひきつけます。

宇佐美はゴール前でスピードを落としてDFから離れスペースを作ります。

ボールを呼び込むための動きが抜群でした。

そこへ図ったようにセンタリング。

難なく蹴りこみました。

更にパトリックの存在がより宇佐美を引き立てています。

2人でも点を取りきれるコンビです。

runrun

新潟0-1FC東京 新潟が動き回って85分間は圧倒していました。

ところが最後にセットプレーから失点してしまいました。

後半42分。右サイドからのFK。

東京は森重を上げて勝ちに来ました。

太田が低いボールを蹴り込みます。

林のヘッドがバーに当たって跳ね返るところを森重に決められてしまいました。

新潟のDF陣は誰もついて行っていませんでした。

守りの人数も少なく横一列。

簡単にプレーされていました。

終盤での失点は命取りです。

相手が一枚上だったとはいえ、もっと厚みを持たせるべきです。

まだ1勝。リーグ開幕前には台風の目として期待されていました。

走る力はあるのに、どこで歯車がずれたのでしょうか。

失点は清水に次いでワースト2位じゃあ苦しい。

何と言われようと、まずは守り重視が立て直しの第1歩。

理想の前に現実です。
                                                                 マチダ

« やっぱり「出世の階段」は上らないで下りました・愛宕山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その3 | トップページ | 馬に乗ったお地蔵さん・勝軍地蔵@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり「出世の階段」は上らないで下りました・愛宕山@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その3 | トップページ | 馬に乗ったお地蔵さん・勝軍地蔵@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の3回目その4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30