フォト
無料ブログはココログ

« 花見のあとは桜餅の香り・コウボウって草を嗅ぐ@神代植物公園 | トップページ | 甘いからアマナとヒロハノアマナ@神代植物公園&神代農場 »

2015年3月29日 (日)

いい名前でしょ深山含笑花@植物多様性センター

もう笑いっ放し。

含み笑いどころじゃなくてアゴが外れるくらい。

Img_3152

てっぺんの方は花がつきすぎておしくらまんじゅう状態。

押し合いへし合いで清楚さがないので枝の先を。

いい香りなんだけど柵がしてあって近づけないのが残念。

中国原産でモクレン科オガタマノキ属。

モクレン科が一斉に咲いててオガタマノキはもう終わっちゃった。

コブシ、ハクモクレンも大分散ってます。

春も急ぎ足だよ。


Img_3162

どこでもはえてるムラサキケマン。

いつの間にか咲いてました。

仏具の華曼に似てるというけど仏具そのものを良く知らない。

まあ日常にはない形ですよね。

よく顔を合わせるおばちゃんが庭に植えたそうです。

そしたら増えすぎちゃって大変だったと話してました。

家に戻って庭を見たらわが家でも咲いてました。


Img_3009

移植して見やすくしてくれました。

通路沿いで落ち葉も払ってくれたので抜き身状態。

ハランの花です。

断面図が学習館にあるのですが、紫色のあたりが雌しべ。

雄しべはその下になります。

蜂も蝶も寄ってきません。誰が受粉を媒介してくれるんでしょうか。

初めはナメクジ、ゲジゲジなど地を這う動物と考えられてました。

ニホンオカトビムシという陸生エビの仲間だと分かってきました。

地道に研究してくれる人がいるんです。

« 花見のあとは桜餅の香り・コウボウって草を嗅ぐ@神代植物公園 | トップページ | 甘いからアマナとヒロハノアマナ@神代植物公園&神代農場 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花見のあとは桜餅の香り・コウボウって草を嗅ぐ@神代植物公園 | トップページ | 甘いからアマナとヒロハノアマナ@神代植物公園&神代農場 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31