フォト
無料ブログはココログ

« 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 | トップページ | 澤のいないなでしこなんて・・・@仏に完敗 »

2015年3月10日 (火)

梅でも花粉症になるのかな&シュンラン咲いたよ@植物多様性センター

深山含笑花(みやまがんしょうか)のつぼみがほころんでます。

同属のモクレン科オガタマが咲いてるんだから、こっちもそろそろ。

ここで先生がモクレン科が「中国にも北米にもある理由」を解説。

同じ地域に分布してたんだけど大陸の移動でどんぶらこ。

それぞれの地域で進化を遂げてきたんだって。ためになるなあ。

それだけ古くから地球上に存在してるということです。

なので花もらせん状に配置されるなど古い形態を残している。


Img_2535_12

8日はとっても詳しい職員さんのガイドウォークに参加。

テーマは「花びら?ガク?ホウ?春咲く花のしくみ&進化」。

ほかでは終わりかけなのに、ずいぶん遅い福寿草がじゅうたんを作ってる。

ずっと不思議に思ってましたが、やや遅く咲くミチノクフクジュソウと教えてもらいました。

花色がレモンイエローでガクが短いのが判別ポイント。

1種だけとされてきた福寿草が、キタミ、シコク、ミチノクが分けられて4種になったそうな。

      cherryblossom     cherryblossom     cherryblossom

タイトルの花粉症のお話。

「梅花粉ではなぜ花粉症にならないの?分かる人」

虚をつかれました。即答できません。

すぐれた人が「虫媒花だから」おおそうだ。言われてみれば分かります。

「虫媒花の花粉はネバネバして重い」と先生。

だからあまり飛ばないんです。

でも、梅や桜の花粉を大量に吸う環境を作れば抗体が出来て花粉症になるかも。


Img_2641

で、シュンランを見ながら受粉のしくみを確認。

下の唇弁に虫がとまると背中に花粉がくっつく仕掛け。

赤紫の模様は蜜のありかを示すためについている。

アオイスミレもルーペで観察して仕組みを調べました。

地上に最初にあらわれた植物の形についても教わりました。

スコットランドの約4億年前の地層から発見された植物化石。

根も葉もなく、枝分かれした軸と胞子嚢だけのシンプルな姿。

「棒みたいだったんですよ」リニア状植物とかリニア類と呼ばれてるんだって。

とっても勉強になります。

熱心に説明していただいて40分の予定がなんと1時間20分。

ありがとうございました。

« 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 | トップページ | 澤のいないなでしこなんて・・・@仏に完敗 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 | トップページ | 澤のいないなでしこなんて・・・@仏に完敗 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31