フォト
無料ブログはココログ

« いい名前でしょ深山含笑花@植物多様性センター | トップページ | 桜吹雪がはらはらと・・東郷寺のシダレサクラ@府中市 »

2015年3月30日 (月)

甘いからアマナとヒロハノアマナ@神代植物公園&神代農場

うまいって話はないようだな。でも球根が甘いのでアマナ。

ユリ科アマナ属でチューリップに近いみたい。

でも食べられるんだね。ノビルみたいなんだろうか。

いくつになっても食い意地が張ってます。

Img_3000

まずはヒロハノアマナ。

神代植物公園の野草園で元気に咲かせてます。

最初は片葉で花をつけず、何年かして2枚目が出たら準備完了。

カタクリと同じです。

アマナより葉がやや広いので広葉。

絶滅危惧種のⅡ類です。

アマナとはどこが違うんでしょうか。

日をおいて都立農業高校の神代農場に行ってみました。


Img_3077_2

カタクリの近くで群れてました。

農場の先生?にお尋ねするとアマナ。

こちらの方が葉が細い気がしますが、見た目は大して変わらない。

見分けやすいのは葉の中央の白い線。

なるほどヒロハには線がはっきりあります。

これさえ覚えれば違いの分かる男(女)になれます。

今シーズンは記憶してるけど来年は怪しい。

また覚えりゃいいさ。


Img_3122

山地の木陰などで見られるミヤマカタバミ。

睡眠運動で葉が閉じたときに片方が食べられたようにかけるのでカタバミ(片食み)。

葉は普通のカタバミに良くにてます。

奥多摩でもあちこちで見かけますね。

カントウミヤマカタバミというのもあるらしいが、見分けるのは難しそう。

素人ですので深入りしないのが迷わないコツ。


« いい名前でしょ深山含笑花@植物多様性センター | トップページ | 桜吹雪がはらはらと・・東郷寺のシダレサクラ@府中市 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい名前でしょ深山含笑花@植物多様性センター | トップページ | 桜吹雪がはらはらと・・東郷寺のシダレサクラ@府中市 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30