フォト
無料ブログはココログ

« はるばる小仏峠の茶屋から預かった身禄像@江古田の富士塚 | トップページ | あーあ、そろって討ち死に・なでしこも@あきれ果ててるマチダ »

2015年3月 5日 (木)

わーい、ダイアモンド富士だぞ@豊島長崎の富士塚

池袋に近い豊島区高松2丁目の豊島長崎の富士塚に到着。

ここも国の重要有形民俗文化財です。

大先達と次期大先達になるご子息が待っていてくれました。

Img_2415

次期大先達の案内でまずは裏側を拝見。

ちょうど西日が頂上に。

これだって立派なダイアモンド富士。

うまい具合に太陽が山頂に沈むところです。

高さは江古田富士と同じ約8㍍、直径約21㍍の見事な山容。

築造は文久2年(1862)、富士講のひとつである豊島郡長崎村の月三講の椎名町元講。

ちょっと意味が不明ですが、月三講の中に椎名町元講があるということでしょうか。

関係ないけど椎名町といやあ思い浮かべるのは帝銀事件。

有名音楽プロデューサーが平沢の隠し子なんて説もあったな。


Img_2432

頂上の大日如来坐像など約50基の石像物があちこちに建てられてます。

信仰が篤かったんですね。

でも講が続いたのは昭和の25、26年ごろまで。

今では富士塚保存会の人々が富士塚を守っている。

3・11の大震災では石が崩れたりの被害があった。

保存会が修復してくれましたがなんと費用は2000万円。

頭が下がります。


Img_2430

石碑を確認してたらなんと「日行」の文字が。

丸藤マークもあります。

旧知の人にあったみたいな懐かしさ。

先日、江戸最初の富士塚、高田馬場の高田富士を訪ねたばかりです。

高田富士を作ったのが高田藤四郎こと日行。

建てたのは高田四ツ家講中。

「昔から仲がいいんです。一陽来復のお札をずっといただいてます」

と次期大先達。

ご近所だからね。

石神井ふるさと文化館の企画で国指定重要民俗文化財の富士塚2基に特別に登山出来た。

貴重な体験をありがとうございました。


« はるばる小仏峠の茶屋から預かった身禄像@江古田の富士塚 | トップページ | あーあ、そろって討ち死に・なでしこも@あきれ果ててるマチダ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

散歩人さん、本当に良かったですねぇ。詳しい説明が聴かれて、おまけにタイミング良くダイヤモンド富士になっているなんて、ホントに運がいい!
豊島長崎富士は知りませんでした。ここも特別な日にしか登れないんでしょうか。
講がなくなっても大先達がいるということは、丸山教とか扶桑教とか富士教とかの先達がいるということですか。そういった活動をしているのでしょうか。興味深いですねえ。

ムラヤマフジコちゃん。
豊島長崎富士の最寄り駅は有楽町線の千川。いつか反省会の会場探しで難儀した小竹向原の1つ先です。あのときに知ってればねえ。

こちらは開放日があるのかないのか不明です。

大先達さんは時々富士山には登ってるようです。ふだんは清掃活動などをされているとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はるばる小仏峠の茶屋から預かった身禄像@江古田の富士塚 | トップページ | あーあ、そろって討ち死に・なでしこも@あきれ果ててるマチダ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31