フォト
無料ブログはココログ

« 唐人お吉とヒュースケンの墓・光林寺@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その4 | トップページ | ずっと昔にニッカ池を訪れたような・・毛利庭園@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その5 »

2015年3月23日 (月)

得点王狙えるぞFC東京武藤@マチダのJリーグ

武藤が頼もしいですね。若武者がハリル・ジャパンのエースになりそう。

楽しみだわい。おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも武藤のシュート感覚に拍手パチパチ。

      shoe    shoe    shoe


神戸0-2FC東京 グングン武藤ですね。

後半23分、中央やや右でマークを背に縦パスを受けます。

右足アウトを使ってボールをチョイと後方に浮かせながら反転して交わします。

さらに次のDFの股間を抜くと、あとは得意の突進ドリブル。

2度3度とゴール方向に目をやりながら最後は右足で左隅にダメ押しの一撃。

新聞によると前日コーチから反転してDFをかわす指導を受けていたそうです。

言われてすぐできるということは、武藤世代の選手たちの感覚はそこまで育っているのかもしれません。

おそらく10年ほど前なら、頭では分かってはいてもいざ実技となると、どこか身構えて「やるぞ」感が見えていたものです。

それが硬さとなって失敗していたものです。

武藤にはそれがなく実にスムーズでした。

頭と体の一致。

おそらく得点力に関しても的確なワンヒントが与えられれば、石器時代のシュートがなくなるのではないでしょうか。

ボールから再三目を離しながらもドリブルできるのも技術レベルが高い証拠です。

いまだにうつむいてばかりで、パスすら出せない選手がいます。

ルックアッププレーは基本ですからね。

sagittariussagittarius


前半33分の森重の先制ヘッド。

左CKを待ち構えボールの来た方向の隅へフンワリと決めました。

GKはCKの瞬間重心を逆方向に移します。

だからスピードがなくてもコースさえよければ決まります。

やみくもに体や頭をを振る必要がないヘッドの好例でした。

森重の本当に頭を使った得点です。

footfoot


神戸はシュートを倍以上放っていながら無得点。

チームを優勝するために改造しているのはわかります。

が、もう少し時間がかかるでしょう。

この日ホームには2万を超すサポーターが集まりました。

期待の表れです。

モタモタが長引くようだとせっかくのサポーターを失うことになるかも。

scorpiusscorpius


清水0-1松本 松本の暴れ馬J初勝利。

チームの特徴であるスタミナにものを言わせた走るサッカーをひたむきに実行したからでしょう。

オビナという選手はなかなか怖い存在ですよ。


山形1-0川崎F 山形のMF金範容も注目したい一人です。

決勝点になったシュートは、さすがミドルの本場、韓国育ちです。

中央左へ走り込むと浮いたボールを右足で叩きつけるようにワンバウンドさせます。

僕の目には勢いを増したように見えたシュートは(多分錯覚かも)GKの足元でもう一度弾むとゴール右に突き刺さりました。

体を起こさず腰が前に出ている抑えの効いたシュートです。

24歳。181㌢、72㌔、やや細いですが、伸びしろを感じさせます。

将来、代表対決で苦労する相手になるかもしれません。

                                     マチダ

« 唐人お吉とヒュースケンの墓・光林寺@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その4 | トップページ | ずっと昔にニッカ池を訪れたような・・毛利庭園@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その5 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐人お吉とヒュースケンの墓・光林寺@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その4 | トップページ | ずっと昔にニッカ池を訪れたような・・毛利庭園@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の2回目その5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30