フォト
無料ブログはココログ

« どんどん咲き出したセントウソウにヤマネコノメetc@野川公園 | トップページ | 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 »

2015年3月 8日 (日)

武藤の瞳に乾杯!やったね2ゴール@Jリーグ開幕

おなじみA大サッカー部OBマチダさんが珍しくべた褒めです。

もちろんFC東京の武藤。広島佐藤寿人のゴールも見事でしたが武藤のゴールへの意欲が光りました。

      shoe    shoe    shoe

G大阪2-2FC東京 

引き分けの2得点。武藤発奮ですね。(ムトーハップっていう入浴剤がありましたが覚えていますか)

前半は前田とのすり合わせが足りないせいか、まったく目立ちません。

シュートを打ってもいいのにパスを選択したりする、

危険度の低い、いい子ぶりっこです。

そのせいか試合内容も一方的で負けが見えていいました。

「彼の魅力がなくなったな」とがっかりしていたら後半にナントの大ドンデンです。

中から左でプレーするようになって本来の姿が戻りました。

前半は前田に遠慮していたのかもしれません。

2点目のミドルは素晴らしく、ロスタイムにフカさず決めるあたりは持っている男でしょう。

runrun

それより1点目に武藤最大の魅力があるように見えました。

右からのクロスをGE左に走りこんでいた前田が頭で小さく後ろへ折り返します。

武藤は相手DFを背負いつつ小さくて右に反転して左足を振り抜きます。

ジャストミートではなくてもコースを突いていました。

右ポストギリギリへ転がり込む反撃のゴールです。

前半のような消極的なパスは頭になく、シュートと決めていたのでしょう。

得点に関して逃げ場を作らないのが彼のいいところです。

確率は低くても狙う。

その責任は自分にあると覚悟しているに違いありません。

シュートミスへの批判を恐れてパスに走りがちな傾向の日本人選手が多い中で、この勇気は突出しています。

完敗のところを勝ち点1にした乾杯2ゴール、ベタボメもたまにはいいでしょう。

footfoot

東京のDF陣には反省すべき点があります。

前半、自陣ゴールライン付近でのボールに奪い合い。

宇佐美が粘ってキープ。

その際にラインを超えていたと勝手に判断してプレーを止めました。

笛は鳴っていません。

一瞬のスキを突かれて、宇佐美→遠藤→パトリックで点を奪われました。

確かにスローで見るとゴールラインを割っていました。

レフェリーの見逃しです。

しかしプレーオンです。

文句を言ってもプレーが止まるわけがないのは分かりきっているはず。

引き分けたからで済まされないアマチュアでも大目玉を食う凡プレーです。

日ごろから審判に文句をつけているからか大人じゃないですよ。

審判の未熟な眼力にも問題がありますが。

scorpiusscorpius


ガンバはお疲れですかね。

宇佐美もフルタイム勤務ができるようにならないと日本の中核としてプレーするにはまだ心もとないです。

libralibra


名古屋3-3松本 

松本はいい意味でのがさつさ。まあワイルドとでも言いましょうか。

きれいごとより持てる力を振り絞った試合でした。

一時は3-1と名古屋を慌てさせたのですから名刺代わりとしては十分でしょう。


あわや黒星の冷や汗をかいた名古屋。

後半30分過ぎからは潜在力を見せつけました。

それにしても引き分けですから。

策に溺れた闘莉王のPK失敗も含めてほめられたものではありません。

西野采配というか、開幕戦への心構えに疑問ありです。

                                    マチダ
 

« どんどん咲き出したセントウソウにヤマネコノメetc@野川公園 | トップページ | 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんどん咲き出したセントウソウにヤマネコノメetc@野川公園 | トップページ | 葉が下がってるのでアズマイチゲ@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30