フォト
無料ブログはココログ

« こんなに開いたフキノトウ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | クリスマスローズがぽちぽち@神代植物公園 »

2015年2月16日 (月)

ムニンタツナミソウが盛り@新宿御苑

どんぶらこ、どんぶらこと波に乗ったのか。

人が住み着いたのはたかだか180年前。なのに植物ははるか昔にたどりついて独自の進化を遂げた。

Img_1979

小笠原の植物が好きです。

だってはるか悠久の時の流れが感じられるから。

ムニンタツナミソウが温室で見ごろを迎えてます。

シソ科でタツナミソウ属の仲間。

種が波に運ばれたのか鳥がぽとんと落としたのか。

伊豆諸島づたいでしょうけど鳥もすごいよね。

幸いにも日本の領土だけど最初に発見したのはスペイン人みたい。

最初に移住したのはハワイの人たちらで1830年。

小笠原貞頼が戦国時代に発見したといわれるが疑わしい。

でもこれが世界に認められて日本に帰属することになった。


Img_1971_2

いつもふわふわに触ってみたい欲求に駆られます。

オオベニゴウカン。大紅合歓。

英語じゃレッドパウダーパフ。

日本名がいかさないな。

合歓の木に近いので漢名を音読み。

ネムノキは中国じゃ夫婦和合なので合歓の字を当てる。

うまい和語に出来なかったのかい。


« こんなに開いたフキノトウ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | クリスマスローズがぽちぽち@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなに開いたフキノトウ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | クリスマスローズがぽちぽち@神代植物公園 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30