フォト
無料ブログはココログ

« 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 | トップページ | ヒマラヤ杉とみかどパン@谷根千じゃなくて千→根→谷と逆回り散歩 »

2015年2月22日 (日)

江戸最初の高田富士より先に富士塚があった不思議@駒込・富士神社と身禄のお墓

早稲田界隈で高田富士などを見て回ったあと「富士山ミーハー倶楽部」の面々はバスで駒込に移動。

遠来のお客さんを案内するので駆け足です。

目指すは富士神社。

Img_2168_2

石碑が並んでます。

富士講関連でしょう。

この山が富士塚で、もとは旧本郷村にあった。

今の東大構内で、住所表記改正前は本富士町だったんだって。

加賀藩の上屋敷となったので本駒込5丁目に移転した。

富士塚はどうやら前方後円墳を利用してつくられたみたい。

ちょっと待ってください。移転したのは寛永6(1629)で、その前の14世紀にはもう富士塚と呼ばれてたらしい。

江戸最初の富士塚・高田富士が築かれたのは1780年。

その前にも富士塚があったことになります。どういうことでしょうか。

どうやら今は村山浅間神社(富士宮市)となっている興法寺の村山修験が江戸に富士信仰を広めていたようです。

なので、富士神社の昔の祭神はコノハナサクヤヒメではなく赫夜(かぐや)姫だったみたい。

「村山修験の『富士山縁起』においては、浅間大菩薩の示現は赫夜姫であるとしている」

(『富士塚考」竹谷靱負、岩田書院)

八王子の富士森公園にある富士塚も江戸初期なので「富士塚前史」のものでしょうね。


Img_2174

本郷通りをぶらぶら歩いて吉祥寺などに寄り道。

路地を入って海蔵寺。

来たことあるなあと思ったら「地下鉄の地上を歩く会」の南北線編でした。

ここには富士講中興の祖、食行身禄(じきぎょうみろく)の墓があります。

富士講の開祖は長谷川角行(1541〜1646)。

富士講の爆発的な流行を招くきっかけになったのが身禄の入定。

3年前に来た時は身禄の身の字も知りませんでした。

富士山の人穴に行ったり都内の富士塚を訪ねて多少は分かり出しました。

身禄の教えは平等主義ですからね。将軍も町民も男女の隔てなく弥勒の前には等しい。

これがもとで幕府から大弾圧を受けます。

幕府から見れば危険思想ですよね。

身禄の教えにはキリシタンの教義も混じっていたようです。

これを嗅ぎ付けた隠れキリシタンが庚申講を結成、富士講にも参加ーー。

こんな妄想を抱いてますがどんなもんでしょう。


« 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 | トップページ | ヒマラヤ杉とみかどパン@谷根千じゃなくて千→根→谷と逆回り散歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 | トップページ | ヒマラヤ杉とみかどパン@谷根千じゃなくて千→根→谷と逆回り散歩 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31