フォト
無料ブログはココログ

« 達磨さんが座禅でザゼンソウ@野川公園 | トップページ | 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 »

2015年2月 4日 (水)

節分とおせちの関係・豆を拾いながら考える@深大寺

豆まき式の前に偉いお坊さんたちや善男善女が行列して進むお練りがあります。

Img_1840_2

山門から入って大師堂でお経を唱えてから豆まきを行うのでしょうか。

すでにステージの前は人だかり。

まだ始まらないな。

人をかき分けるほど若くもないので門前をぶらぶら。

15分ほど暇をつぶしてから再び境内。

1日3回豆まきが行われ、2回目の1時半のに参加しました。

どこのお相撲さんが来るのかな。

並んだのは若き女性たち。


Img_1852

三井住友海上柔道部の面々。

16歳で福岡国際女子柔道で優勝した中村美里がいます。

ポスト谷亮子と騒がれたんだよね。

あれからもう10年なのか。

中村は階級をあげ昨年はアジア大会優勝など円熟味を増してきているようだ。

ほかにも山岸絵美、塩瀬絢子、稲森奈見ら有望選手。

後ろの方まで投げてくれたのでちゃんと豆も拾いました。

10時の会は柔道の鈴木桂治、3時の会は方男波親方と玉鷲、玉大輝がメーン。

     pencil    pencil   pencil

帰りは神代植物公園に寄ってフクジュソウの開花状況を確認。

Img_1858

一面が黄色に染まるにはまだ早い。

節分は源氏のころは「せちぶん」と発音してました。

「節(せち)は文章や時季の切れ目。転じて季節の変わり目などにお祝いをする日、節日のご馳走。

正月や3月3日、5月5日・・・などで、これが節句、節日。

「お」がついて「おせち」は正月のごちそう。

ヒマなので「岩波古語辞典」を見てたら出てました。


« 達磨さんが座禅でザゼンソウ@野川公園 | トップページ | 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 達磨さんが座禅でザゼンソウ@野川公園 | トップページ | 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30