フォト
無料ブログはココログ

« 富士講のお勉強と胎内回帰願望@石神井のふるさと文化館 | トップページ | 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 »

2015年2月20日 (金)

合格祈願の勝守りも売ってる早稲田に一番近い寺@宝泉寺と高田富士

いつの間にか「富士山ミーハー倶楽部」が結成されたようで都内の富士塚などを巡るツアーにお呼びがかかった。

受験生でごった返す早稲田大学を避けて穴八幡に集合。

Img_2157_2

まずは「早稲田大学に一番近い寺」がキャッチコピーになってる宝泉寺。

江戸で最初に富くじが行われたのもここ。

明治のころまではキャンパスのほとんどが寺領。

なので今では「早稲田大学と隣接する唯一の寺でもあります。

この深いご縁を大切にし、境内寺務所にて宝泉寺限定の『勝守り』をお授けしております」

とHPにある。

年をとると疑り深くなります。裏があるんじゃないか。

じゃないと独占的にお守りを許可しないんじゃないか・・。


Img_2155

この寺には生涯に73度も富士登山した大先達高田藤四郎のお墓がある。

菩提寺は別にあったが富士塚の麓で眠りたいとの遺言だった。

そう、宝泉寺の隣に江戸最初の富士塚がつくられたのです(1780)。

以後各地に続々とつくられていく。

高田富士が築かれたのは水稲荷の境内。

宝泉寺も水稲荷神社もともに俵藤太の草創と伝えられる。

水稲荷の別当寺は宝泉寺なので、お寺の境内に高田富士があったといってもいいでしょう。

だが藤四郎(日行)のお墓の後ろにそびえるのは富士塚ではなく大学の校舎。

富士塚はありません。

草葉の陰で泣いてるかもしれません。


Img_2158

高田富士は今もありますよ。

3〜400北西に水稲荷ともども引っ越したんです。

昭和38年(1963)に早稲田大学のキャンパス拡張で等価交換したんです。

胎内や浅間神社の位置が違うので富士講の人たちは認めてないともいいます。

ハハーン、やっぱりね。邪推をしてしまいます。

交換時に宝泉寺が口をきいたか、便宜を図ったか。

寺域も削ったかもしれません。見返りにお守りの権利を獲得・・。


Img_2166_2

狐が跳んでます。

耳欠け神狐といって、痛いところに触ると治まるそうです。

社殿の後ろは狐だらけでした。

20匹はいたでしょうか。

古墳も早稲田大学9号館裏からここに移されてます。

冨塚古墳といって戸塚の町名はこの古墳に由来するとか。


« 富士講のお勉強と胎内回帰願望@石神井のふるさと文化館 | トップページ | 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士講のお勉強と胎内回帰願望@石神井のふるさと文化館 | トップページ | 続・アオバト、4羽のファミリーだよ@神代植物公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30