フォト
無料ブログはココログ

« 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 | トップページ | スノードロップそして雪の数え方@植物多様性センター »

2015年2月 6日 (金)

代表には点の取れる監督を@マチダの提言

マチダさんちのパソコンが復帰しました。

アジア杯でメールが来ないのでヘンだなと思ってたらパソコンの故障だったそうです。

アギーレの後任、オシムさんみたいな人材はいないもんなんでしょうか。

     shoe    shoe    shoe


アギーレ解任は致し方のないところ。

アジア杯で決勝にすら行けなかったのですから疑惑がなくても、責任論は出てきたはずです。

次はだれか。野球のストーブみたいで打ち上げ花火大会です。

誰を選ぶかは、頼りない協会ですから大きな期待はしないでおきましょう。

僕は、強いチームを作れる人を一番望みます。

日本はもうアジアでは十分巧いチームです。

戦術理解、技術敵レベルはトップ。

だから今度は勝てるチーム、つまり走って点を取る形の作れる監督を探し当ててなければなりません。

特に得点に関しては今後日本がアジアはもちろん世界のトップテンに入っていくための絶対条件です。

sagittariussagittarius

日本の決定力不足が言われて何年になりますか。

半世紀ですよ。

国民性といえばそれまでです。

でも、前に蹴ってなだれ込む突撃サッカーからダイレクトパスがあれだけできるようになったんですから、シュート力だって可能なはずです。

少年時代のコーチングにも問題はあります。

そこに手を付けて育成していくにはもっと長期的な日本サッカー改革が必要で時間がかかります。

大きな問題を進める一方で、現実的な問題の解決にも手を打たなければならないでしょう。

こと得点能力に関して日本は3流国です。

まことに恥ずかしい問題でしょうが、早急に代表らしいシュート感覚を身に着けさせないとW杯出場も危うくなります。

イロハのイからやり直させられる埋もれた人材。

それを発掘してくるのがアギーレ問題に対する協会のせめてもの罪滅ぼしでしょう。

テニスの錦織もコーチとの出会いで世界ランク5位まで躍進しました。

4大大会で優勝も夢ではありません。

錦織を教える前までマイケル・チャン氏の手腕は一般的ではありませんでした。

いい出会いを求めて、協会は奔走するべきでしょう。

現体制じゃ悲観的にしか考えられませんが。

                              マチダ

« 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 | トップページ | スノードロップそして雪の数え方@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春は足踏み・咲きそで咲かないミツマタ@神代植物公園 | トップページ | スノードロップそして雪の数え方@植物多様性センター »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30