フォト
無料ブログはココログ

« 飽きもせず、ことしも津軽三味線で祝い初め@神代植物公園 | トップページ | 冬ボタンと寒ボタン@神代植物公園 »

2015年1月 5日 (月)

セツブンソウが芽を出した@野川公園自然観察園

4日は新年最初の植物観察会。天気にも恵まれて40人ほどの参加。

薬用植物園のボランティアさんもわざわざ小平からお越しでした。

主なテーマはロゼットの観察。地味ですがしょうがない。咲いてないんですから。

Img_1330_2

でもブルジョワジーの秘かな愉しみ(byブニュエル)があるんです。

悦楽にふけるってことでもないですが。

厚く積もった落ち葉のしとねをかき分けて寝姿を拝見。

あらまっ白で一糸まとわぬお姿。

なーんだ?。

セツブンソウがおめざめで芽を出してます。

あと20日もすれば、ほのかに青い花が見られます。

ひとりじめのお楽しみのあとは、そっと落ち葉をかぶせておやすみなさい。

また見に来ます。

Img_1329

風に乗って香りが運ばれてきます。

鼻をいっぱいに開けて吸い込むと春です。

縮こまってたはらわたも香りの刺激で広がっていきます。

ソシンロウバイがまさに満開。

あたりは華やかさに包まれてます。

元気になるなあ、春は。

別のところではロウバイも咲いてます。

Img_1333_4

春の息吹もお勉強。

茎が横に這ってるから、これもロゼットかなあ。

ヤマネコノメソウだそうです。

こんな葉をしてたっけ。

花は記憶してますが葉はまったく覚えがありません。

これから注意して観察してみます。


« 飽きもせず、ことしも津軽三味線で祝い初め@神代植物公園 | トップページ | 冬ボタンと寒ボタン@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

落葉の布団をめくられて、ちょっと寒そうなセツブンソウ。
この寒さの中でも確実に春は近づいているんですね。
武蔵野公園にもロウバイを育成している一画がありますが、
まだ茶色の蕾でした。
今、咲いているのはソシンロウバイだけのようです。

先日、野川脇の林の中で盛んに何かをつついているカルガモを見かけたので、
良く見ると、ドングリを食べていました。
丸々と肥えているカモを見て、イペリコ豚ならぬイペリコ鴨か。
などと、少々不謹慎な思いを抱き、いけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飽きもせず、ことしも津軽三味線で祝い初め@神代植物公園 | トップページ | 冬ボタンと寒ボタン@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30