フォト
無料ブログはココログ

« やはり古代には大国魂神社はなかったようだ@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 »

2015年1月21日 (水)

目黒には2つ富士山があった@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その1

小正月が終わったら「地下鉄歩き」再開です。今度は中目黒をスタートに北千住まで日比谷線の上を行きます。

まずは徒歩5、6分のめぐろ歴史資料館へ。

館長さんは2つの富士山にとっても詳しくて独自の視点からの研究もされている。

館内を案内していただいたあとは、いざ目黒新富士へ。


Img_1593

歴史資料館を出てしばらくしたらなんと館長さんが。

新富士を案内してくださるというのです。

新富士については以前にも取り上げてます。

こちらを見てね。

前のブログで広重の浮世絵は紹介済みなので別の絵を。

崖の上には新富士、右手に本物の富士山、左奥は江戸湾。

すばらしい景観でしょ。

浮世絵にも描かれる江戸名所になったのもうなずけます。

Img_1603

われわれは絵の田んぼ方向から崖を上がりました。

けっこうな坂です。

上の絵の切り立った崖も誇張とばかりはいえないと納得。

そういえば昔、目黒駅前の権野助坂を下りてぶらぶらしたことがあった。

今じゃ知ってる人も少ない目黒エンペラーは崖上だったな。

その手前がホリプロ。

きつい坂を上り下りしたのを記憶してます。

ようやく坂を上がってマンションの横から入ると小さな公園が。

ここが新富士のあったところ。

樺太、千島などを調査した幕臣近藤重蔵の別邸があったところです。

残念ながら富士塚は昭和34年に取り壊されてしまった。

別所坂児童遊園には南無妙法蓮華経、小御岳などと書かれた石碑が3つ。

これだけが往時を偲ばせている。

といっても景色はいいよ。ビルとビルの間からは富士山も望めましたもん。


Img_1647_4

新があるんだから旧があります。

新富士から北西に行って東横線の線路を越えたあたりに茶色のマンションが見えます。

ちょうど中目黒と代官山の真ん中あたり。

目黒元富士もすでに解体されてます。

超高級マンションみたい。

「KING HOMES」とだけ書いてあります。

代官山駅から徒歩4分、3000坪の敷地にプールやバスケットコートもあるんだって。

住所は渋谷区代官山じゃなくて目黒区上目黒だけどね。

人気芸能人も住んでるみたい。中には入れません。

Img_1573

新富士からは右手に描かれていた富士山が左になります。

目黒元富士は文化9年(1812)に丸旦講によってつくられた。

7年後の文政2年(1819)に山正広講が新富士を造った。

近藤重蔵の邸宅内ですが近藤が個人で築いたわけではなさそう。

いくつかの講が張り合っていたんですかね。

いずれも標高30㍍ほどの目黒川左岸にあった。

     fuji    fuji    fuji

目黒新富士の裾野からは胎内洞穴が発見されました。

中からは大日如来像が出土。

隠れキリシタンの形跡があるというんです。興味津々でしょ。

でもそれは次回に。To be continued。

« やはり古代には大国魂神社はなかったようだ@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり古代には大国魂神社はなかったようだ@府中市郷土の森博物館 | トップページ | 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30