フォト
無料ブログはココログ

« セツブンソウが芽を出した@野川公園自然観察園 | トップページ | 目のつけどころが最高・祝復活ブラタモリ@京都編 »

2015年1月 6日 (火)

冬ボタンと寒ボタン@神代植物公園

同じかと思ってたら違うのね。冬と寒のボタンのこと。

Img_1318

新春にあわせてボタン展を開催中。

初心者向けに解説が。

それによると展示してあるのは「冬ボタン」

もともと春に咲く品種を温度調整、冬に咲くように栽培したもの。

春だと思ってるので葉も繁ってます。

牡丹は落葉樹ですから、この時期には葉が落ちてるのが普通です。

上野の東照宮が有名です。


Img_1316

一方、冬と春の2回咲く品種があります。

これが「寒ボタン」

冬の花の時期には落葉してます。

そして茎が細く短く、新しい葉はまだ出てません。

まるで春先のタラの芽みたいな姿だそうです。

牡丹は平安時代の初期には中国からもたらされていた。

空海が持ち帰ったともいわれてます。

初めは薬用です。

鎮静作用や婦人病にいいらしい。

花を愛でるようになったのは江戸時代ころのようだ。

« セツブンソウが芽を出した@野川公園自然観察園 | トップページ | 目のつけどころが最高・祝復活ブラタモリ@京都編 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セツブンソウが芽を出した@野川公園自然観察園 | トップページ | 目のつけどころが最高・祝復活ブラタモリ@京都編 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31