フォト
無料ブログはココログ

« 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 | トップページ | あらま福寿草が一輪、アオバトも見たよ@神代植物公園 »

2015年1月23日 (金)

明治の元老・元勲も好んだ青葉台・西郷山公園@地下鉄の地上を歩く会日比谷線の1回目その3

ぐるっと中目黒界隈を歩いてますが、ついていくだけなのでよくわかってません。

地図で確認しましょう。

Img_1622

最初に訪ねたのはめぐろ歴史資料館。

山手通りを下って駒沢通りを越え目黒川船入場の先の右手でした。

右下に別所坂児童遊園。ここが目黒新富士の跡地。

駅方向に戻って東横線を越えたあたりが目黒元富士。

現在位置あたりでお昼をすませ、かの有名な目黒区青葉台を目指します。

目黒川沿いのソメイヨシノの並木を見ながら上流へ。

昨冬には幻想的なイルミネーションで彩られて青の洞窟が出現。

だけど人出が多くて中止になったりした。


Img_1625

川沿いにしゃれたお店が並んでます。

いつも散歩してる武蔵野とは趣きを異にします。

歩いてると「キンケロ・シアター」。

キンキン・ケロンパの劇場です。

何年か前、愛川欽也が熱く語ってたな。

それにしても、いいとこに劇場を持ってる。


Img_1627

青葉台って明治のころから高級地だったんですね。

その証拠がここ西郷山公園と菅刈公園。

今は2つに分かれてるけど、元はひとつのお屋敷。

西郷山と呼ばれるだけに、小高い崖で下には目黒川。

ビルの向こうに富士山が顔をのぞかせてます。

2万5000余坪の豊後岡藩の抱え屋敷跡を買ったのは西郷従道。

隆盛の弟です。

征韓論で下野した西郷さんを再び東京に迎え入れるためだったという説もある。

明治22年(1889)には」明治天皇が行幸して庭で展覧相撲が行われた。

     pencil    pencil   pencil

江戸時代の大名は水に不自由しないところに庭園と屋敷を構えた。

しかし明治の有力者たちは南に開けた高台に邸宅を構えた。

「これには明治三十年代前半の近代水道の開通が寄与していた。水道を邸内に引き込むことが可能になり、高台でも水の確保に苦労することがなくなったからである」

(「地図と愉しむ東京歴史散歩 地形篇」竹内正浩、中公新書)

一説には西郷従道は渋谷から目黒の14万坪を手に入れたとも。

堤康次郎の箱根土地(国土計画の前身)は西郷家などから取得した28万余坪を「西郷山文化村」として戦前に売り出しているので、あながち誇張ともいえないかも。

     run     run     run

もうちょっと青葉台をぶらつきます。

なかなか来られないから、この際じっくり見物します。


« 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 | トップページ | あらま福寿草が一輪、アオバトも見たよ@神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たしか、西郷従道のお墓も多摩霊園にありましたね。
以前に買った「多磨霊園物語」に出てましたっけ。

本年もペンが(キーが…というべきか)快調にすすんでいますね。
いつも楽しませていただいています。
ありがとうございます。

さて、このたびはご一緒に「目黒」を歩いている気分。

ちょうど一昨年の夏に娘が中目黒に引越ししたので
今年は様子を見がてら、散歩人さんの足跡を追いたいと思います。
春か秋には上京して、中目黒を中心に徘徊したいです。

ここ数日の目黒散歩のページは、プリントアウトして必携です。
まだまだ続く、楽しいお話を期待しています。ワクワク

芙蓉酔人さん。

多磨霊園の有名人マップは事務所でいただいてますので、あたたかくなったら西郷従道などのお墓も訪ねてみます。

ムサシノキスゲのころかなあ。

やまけいさん、偶然ですね。

隣駅ですが、目黒から徒歩7分の庭園美術館も昨秋にリニューアルオープンしました。その隣が国立自然教育園です。

両方ともおすすめです。自然教育園の広さにはびっくりしますよ。山手線の内側に自然がそっくり残されてます。

は~い!

「庭園美術館」も「自然教育園」も以前散歩人さんが書いておられましたね。しっかりチェックしていますよ。

前回目黒の娘のマンションに行ったときは、
白金方面を歩いて博物館(名前を失念。仏像とか沢山展示してありました)へ行く道すがら
閉園中の「自然教育園」の前を通ったのです。残念。
次は改修工事が終わってから絶対行くぞ!と心に決めておりました。

ウォーキングシューズはいて行きます!
東京は坂道多いですから。(^0^)♪

やまけいさん。私たちも都心を歩いて坂が多いのを実感してます。
そういう目で地名を見ると渋谷の谷があって、代官山。中目黒からも恵比寿方面には急な坂。

やまけいさんの春はあべのハルカスから始まって忙しくなりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 星の十字架と大日如来像の謎・目黒新富士@地下鉄の地上を歩く会・日比谷線の1回目その2 | トップページ | あらま福寿草が一輪、アオバトも見たよ@神代植物公園 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31