フォト
無料ブログはココログ

« 幻想的でした・夕闇に浮かぶ浅間大社@またまた富士山行その5 | トップページ | 暗渠になってても歩きます・下高井戸あたり@玉川上水を歩く会8回目その1 »

2014年12月20日 (土)

午後でも間に合うよ氷の華シモバシラ@植物多様性センター(神代植物公園)

お寝坊さんでも間に合うよ。凍える寒さが苦手な人だって大丈夫。

シモバシラは融けずに氷の芸術をみせてくれます。

Img_1154

まだ見られるかなあ。

去年まではこの時期だけ立ち入り禁止の場所を開放してました。

今年から別のところに植えたので、新しい場所で鑑賞。

なので午後でも見られるか半信半疑。

ついたのは午後零時半。

日も高いし気温も上がってる。

でも、ちゃんと残ってくれていました。

かなり融けてしまったようですが。


Img_1155

10時前には来園くださいと案内はあるんですが、朝の冷え込みは厳しい。

ズボラをかいていつも午後から。

何とかなるもんです。

係の人に訊いたら、この日はトネアザミの切り株に大きいのが出来てたんだって。

写真をみせてもらったらカザグルマみたいな形。

あとオトギリソウにも出来てたそう。

シソ科じゃなくても出来るんですね。

要するに茎は枯れても根が生きてれば水分を吸い上げる。

それが凍っていろんな造形を作り出してくれるんです。

神代植物公園の方でも見られます。

バラ園北の流れのところ。

来週にでも寒風をついて午前中に出かけてみよう。


Img_1171

こっちは本物?の霜柱。

立派なもんです。

みんな真っすぐに上に伸びてます。

まず地表面の水分が凍る。

地中の水分が毛細管現象で地表面に引き寄せられる。

引き寄せられた水が氷となって、地表の氷を押し上げる。

これの繰り返しで霜柱が出来上がる。

ザクザク踏むと気持ちいいよ。


« 幻想的でした・夕闇に浮かぶ浅間大社@またまた富士山行その5 | トップページ | 暗渠になってても歩きます・下高井戸あたり@玉川上水を歩く会8回目その1 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

昨日の朝はこの冬一番の冷え込みで、さぞ大きなシモバシラが出来たことでしょう。
まだ、冬至前だというのに、今年はすでに冬本番。
自然観察園の早朝開園に期待します。

芙蓉酔人さん。
今年はシモバシラの出来がいいようです。
朝は寒いですよ。しっかり防寒なさってお出かけください。

もうロウバイも大分咲いてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幻想的でした・夕闇に浮かぶ浅間大社@またまた富士山行その5 | トップページ | 暗渠になってても歩きます・下高井戸あたり@玉川上水を歩く会8回目その1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31