フォト
無料ブログはココログ

« 京王線は玉川上水の下を走ってるようだ@玉川上水を歩く会8回目の6 | トップページ | とらやとくるまや@葛飾柴又散歩その1 »

2014年12月28日 (日)

縁起物なんだけどなあアメリカじゃ有害植物・マンリョウ@植物多様性センター

はびこったクズが樹木を枯らすので有害な侵入植物としてアメリカで問題になってる。

そんな話は聞いたことがあります。

Img_1274

国際自然保護連合(IUCN)では「世界の侵略的外来種ワースト100」のひとつに選んでます。

日本じゃ秋の七草として愛でてるのにねえ。

マンリョウも「帰化有害植物」に指定されてます。

アメリカのフロリダ州のこと。

強い繁殖力と家畜への毒性が問題になってるんだって。

27日は土曜なので職員さんが園内をガイドしてくれる日。

「日陰でも育つので、あちこちで増えてます」

教えられると意識と目が合致します。

なるほど、そこにもここにも・・。

鳥が種を運んだんです。


Img_1268_2

もう一つお勉強。

マンリョウの葉の縁がふくらんでます。

ここには葉粒菌が住んでます。

この菌は空気中の窒素を固定してくれる。

三大肥料の窒素、リン酸、カリのうち窒素を与えてくれるんです。

だから繁殖力が強いんだ。

まあマメ科の根粒菌みたいなものですよ。

自分で勉強したんじゃないです。掲示内容の受け売りです。

上の写真はイチリョウ(アリドオシ)

こちらは神代植物公園の山野草園です。

鋭いトゲがあるので気をつけてください。


Img_1217

ことしもモズのはやにえ(早贄)を見つけました。

つかまえたカエルやカマキリなどを木の枝にさしておきます。

食料保存のためでもなさそうです。

ひからびたはやにえをモズが食べることはないそうです。

モズは足が発達していないので獲物を足で押えてくちばしでついばむのが苦手。

それで枝に刺して固定するという説もあります。

« 京王線は玉川上水の下を走ってるようだ@玉川上水を歩く会8回目の6 | トップページ | とらやとくるまや@葛飾柴又散歩その1 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王線は玉川上水の下を走ってるようだ@玉川上水を歩く会8回目の6 | トップページ | とらやとくるまや@葛飾柴又散歩その1 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30