フォト
無料ブログはココログ

« ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 | トップページ | 黄色いじゅうたん赤いじゅうたん@野川公園 »

2014年12月 2日 (火)

胸騒ぎの腰つき・国宝八大童子@ミッドタウン・サントリー美術館

上野の国宝展に続いてサントリー美術館の「高野山の名宝」展(12月7日まで)。

ミッドタウンに入ってショップを眺めてキョロキョロしてたら案内の人が「どちらへ」

時間があったので店の様子などを見ていただけなんですが、お上りさんに見えたんでしょうね。

花の六本木には似つかわしくないおっさんですから。


Img_0816_2

サントリー美術館と告げたら「そちらのエレベーターで3階です」

ちゃんとパンフレットも渡してくれました。

親切です。

各フロアに案内係がいるみたい。

店には客もまばらで、もうかってるようには見えないけど、人件費だけでも大変だなと余計なお世話。

国宝展と違ってこちらは行列なしですんなり入場。

目玉の展示は「国宝八大童子像」。

八大童子は不動明王に仕え、仏の智恵である四智などを司る。

童子ですから頬がぷっくらしてういういしい。

名前も、こんがら童子、せいたか童子、うぐばが童子、あのくた童子・・。

いたずらっ子みたいで、かわいがってあげたくなる。

ポスターに使われているのは制多迦(せいたか)童子です。


Img_0891

作者は運慶だが、運慶1人ではなく監修のもと複数の仏師によってつくられたらしい。

国宝に指定されているのはうち6躯。

残りの2躯は鎌倉後期から南北朝のもの。

写実的で質実剛健な作風だと思い込んでいたけど、ちょっと違うみたい。

あどけなさも残していて親しみを感じさせます。

そして腰つきが優雅というかなまめかしいというか。

立像ですから立ち姿です。

微妙にひねっていてとっても色っぽい。

仏さんだとズドンと立ってるものとばかり思っていたんですがね。

変なところに感心してしまいました。

快慶作の重要文化財「四天王立像」はもっと腰のひねりがダイナミックでした。

こっちもいいよ。


« ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 | トップページ | 黄色いじゅうたん赤いじゅうたん@野川公園 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

高野山の「国宝八大童子像」とは、約10年ぶりの再会です。
8年かけて、奈良県を中心に、京都、滋賀の国宝仏像を訪ねて来ました。
日本の仏教黎明期の飛鳥から白鳳、天平あたりのものが好きですね。
鎌倉時代の仏像も、活き活きとした動きがあって正に日本のルネッサンス。
けっしてローマの彫刻にも引けを取らないものだと思います。

数多くの仏像を見てきて、一番、私のこころの拠り所となった仏像は、
実は地元の「深大寺の釈迦如来倚像」でした。

どうして、飛鳥時代に造られた釈迦像が1300年前から東国は調布の地に
在るのかを知りたくて、調べています。

芙蓉酔人さん。

8年かけて京都奈良を訪ねたんですか。私なんかと年季が違いますね。
京都は何度も行ったけど、祇園界隈ばっかり。夜の帳が下りてからです。

深大寺のお釈迦様の由来が判明しましたら教えてください。

いいですね~!
運慶の「八大童子勢揃い」!
東京に集合していたんですね。見たかった!

高野山で「せいたか童子」と「こんがら童子」を観たのが3~4年前。
確か「霊宝館」だったかな。
ちょっとカビ臭い館内で、ゆっくり観たのを思い出しました。

ガラス越しでしたが、
まるで息をしているような佇まいで、見惚れました。
連れて帰りたかった~。(若いに~ちゃんが好きなおばさんです)
トキオの山口クンに似てるな~…とかね。

童子全員集合して、今週末で終わると今度はいずこへ。
あの姿でそのへんを歩いていたら、わ~、どきどきします。
すみません、ミーハーで。

やまけいさん、こんにちは。
東京の次は大阪かな。でも高野山に近すぎるから別の都市かも。

ちゃんと高野山に行ってるんですね。わたしも行きたいんですがなかなか腰が重くて。

高野山へは二度。
初めて行ったときは、南海電車で。
二度目は歩き遍路のお礼参りで、ふもとから歩いて。

三度目ももくろんでいますが…。いつになるか。

「童子 大阪集合」だったらいいのにな~。
絶対行きます。  

今週末は京都へ。
この寒い中、物好きですが「京都御所」と「仙洞御所」の参観へ。
今年最後の旅、楽しみです。 

松江はちらほら雪まじりの雨。
濃い墨色の雲がどんより重くて、まさに「山陰」です。

続いて、コメントその2

「高野山の名宝」
調べたら、次は1月下旬から「あべのハルカス美術館」で開催でした。
これは必見ですね。
「あべのハルカス」へはまだ行ったことがないので、
なんとか休みをとって平日に行きます。

散歩人さんのおかげで、また次の楽しみができました。
ありがとうございます。

灘の酒蔵へも行きたいし…。うずうずしてきましたよ。

是非見たいですね~♡

近くで開催中の日展も7日までなのですが、腰痛持ちなので2館見るのに腰が耐えられるかなぁ

ロキソニンを飲んでも見たい~!

やまけいさん。お遍路さんで歩いたんですか。いつか歩いてみたいなあ。

次は「あべのハルカス」ですか。よかったですね。

1月下旬からなんですね。トキオの山口君にあって胸キュンになってきてください。

すてきな初夢が見られそうですね(ちょっと気が早いか)

京都の紅葉はラストチャンスですかね。

その昔、娘と浄瑠璃寺の紅葉を見に行きました。京都府ではあるが奈良駅からバスで行きました。

通りすがりのおばちゃん。

サントリー美術館の中には確かベンチも置いてあった気がします。それほど混んでないので疲れたらひと休みできます。

会場もそんなに広くはありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 | トップページ | 黄色いじゅうたん赤いじゅうたん@野川公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31