フォト
無料ブログはココログ

« 宮本武蔵が押し入った盗賊を撃退した徳願寺・市川市行徳@地下鉄の地上を歩く会・東西線の7回目その3 | トップページ | 冬将軍にも負けずにロウバイ一輪@野川公園自然観察園 »

2014年12月 8日 (月)

「男がいなかった」浦和と好セーブ連発の山岸がいた山形@明暗分かれた大一番

闘莉王はよく言ったものです。「浦和には男がいなかった」。

古巣にカツを入れた言葉ですが、勝てば優勝だったのになあ・・。

6位からの昇格を果たした山形は、GK山岸の気迫に男を見ました。

プレーオフにすすんだのも山岸のヘッド。

こちらも古巣に無言のカツを入れてたんですが通じませんでした。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、浦和のふがいなさにあきれかえっています。

    shoe    shoe    shoe


優勝と入れ替戦。勝負の綾というかゲームの持つメンタルな部分を興味深く見ました。


G大坂0-0徳島 浦和1-2名古屋 山形1-0千葉


ガンバは引き分けだと浦和勝利なら逆転されてしまいます。

押して押して、それでも得点できません。

あのパトリックが力みかえって何本もシュートミスするありさま。

ジャストミートしないんですから。

人の子だったんですね。

浦和がもう少し大人だったらV逸だったかもしれません。

ある意味薄氷でした。

denimdenim

浦和はなんというか、もうあきれ返るだけです。

先制したのですからガンバがどうなろうと勝ちにこだわった戦いをすればよかったのに。

最少得点でも手形が出ているのですから、のらりくらりと逃げ回ればいいわけ。

しゃかりきに2点目なんて考えるからやられてしまうんです。

そこが本当のマリーシアでしょう。

いかにも日本人の試合の読み方、運び方が下手な面が象徴されていました。

前節と同様にCKからの失点。

同じパターンで試合を落とすなんて、良くなったと言われていた守備のメッキも剥がれました。

ボールを収めて間を作ることができる興梠が負傷したのも痛手でした。

代役がいないだけ骨折時点で勝利の女神から見放されたのでしょう。

footfoot

千葉は引き分けでも昇格でした。

先制されたのも計算外だったに違いありません。

ここもゆったりゲームを進めればよかった。

追いつくために必死に攻めまくりました。

そこに無理が出ます。

ショートパスを繋いぐのは分かりますが、有効な縦が出せない。

というかあまり意識をしていないようでした。

山形は楽です。

真ん中に絞っていれば大きな破綻はないんですから。

時間が経つにつれて千葉には焦りが出てきます。

たまさかサイドにボールが出てもPE内は密集地帯になっているので、味方を探して持ち過ぎ、つまらないパスを選択するありさま。

試合終了前のパワープレーでも、ロングボールが蹴れず相手にぶつけてチャンスすらつかめませんでした。

パスは上手いけれど決定的な場面は作りきれない。

千葉のサッカーは少し古いようです。

J2に長居したためにアカがついてしまっている印象でした。

dangerdanger

アギーレ問題。

協会トップの責任は重い。

仮に“無罪”でも、です。

調査能ゼロですから。

ヨーロッパ界隈では噂は流れていたはずです。

消息通はいないものですかねえ。

仮にいたとしても何とか力学で排除されてしまいますけれど。

                            マチダ

« 宮本武蔵が押し入った盗賊を撃退した徳願寺・市川市行徳@地下鉄の地上を歩く会・東西線の7回目その3 | トップページ | 冬将軍にも負けずにロウバイ一輪@野川公園自然観察園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宮本武蔵が押し入った盗賊を撃退した徳願寺・市川市行徳@地下鉄の地上を歩く会・東西線の7回目その3 | トップページ | 冬将軍にも負けずにロウバイ一輪@野川公園自然観察園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30