フォト
無料ブログはココログ

« でかいね玉虫厨子・雨の中70分待ち日本国宝展@上野・東京国立博物館 | トップページ | ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 »

2014年12月 1日 (月)

あーあ勝手にこけて優勝遠のいた浦和@マチダさんもお冠

きのうは朝からお出かけ。マチダさんからのJリーグ通信は1日遅れで掲載。

それにしても浦和はなんということでしょう。ブラジルW杯もそうでしたが、いざというときのメンタリティーの弱さ。

どうすればいいのでしょう。

        shoe     shoe   shoe


鳥栖1-1浦和 野球の阪神、サッカーの浦和です。


熱烈ファンをバックに期待されて、優勝しそうで勝手にこけちゃう。


ガンバとの前節も、ホームとはいえ引き分けりゃいいものを勝ちに行ってやられて。

鳥栖戦も意識の空回り。


攻めあぐねていた前半22分、ロングフィードに旨く抜け出た李がPKを得て先制します。

しかも1発レッドで相手は10人。

どう転んでも負けはないはずです。

豊田を狙ったロングボール攻撃さえ注意していればいいんですから。

最後まで敵の得点源を抑え込むには成功したのに、ラストプレーのCKを決められるなんて。

しかも途中出場の小林にです。

footfoot

タイムアップが近づくにつれて選手が勝手にばたついていました。

画面を通しても分かるくらいですから相当なものです。

浦和だけでなく、日本はゲームの終わらせ方が下手。

なんでなんですかねえ。

後半数的優位を生かし切れず追加点が取れなかったのも痛い。

興梠の負傷が大きく響きました。

李は走力はあるけれど決定力はないですね。

何度もここぞを外していました。

ボールを収めることもできません。

豪州戦のボレーは出会いがしらですから、大きな期待はよした方がいい。

まっ、その走りでPKを貰ったのですから起用は間違っていなかったかもしれません。

それにしても1試合で何点取ってもいいのですから、お役御免とはいかないでしょう。

runrun


浦和のFWには頼りになる、つまりエースがいません。

そこがいざとなると勝ち切れない原因なのかも。

ペトロヴィッチ監督の采配にも疑問が残ります。

なんでマルシオと関根を後半の途中から投入するのでしょうか。

ガンバ戦でも結果的に失敗しています。

cancercancer

鳥栖の同点はGK林の美技にあります。

後半浦和から仕掛けられ、連続した強烈なシュートを防ぎました。

あの一連のプレーがチームに反発の活力というかエネルギーを与えました。

最終プレーでは自らゴール前に進出、195㌢の長身で威嚇しました。

いくらGKとはいえデカいですから、浦和の守りもビビったに違いありません。


浦和の自力Vは消えました。

次戦は名古屋。ガンバは徳島。得失点差も1試合じゃ追いつけないほどあります。

勝負は下駄をはくまでは分からないとはいうものの、サポーターにまたしても待ちぼうけを食わせるのは確実です。

来年、同じようにV戦線に絡む保証はどこにもありません。

                               マチダ

« でかいね玉虫厨子・雨の中70分待ち日本国宝展@上野・東京国立博物館 | トップページ | ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« でかいね玉虫厨子・雨の中70分待ち日本国宝展@上野・東京国立博物館 | トップページ | ようやく会えた「縄文のビーナス」と「縄文の女神」@日本国宝展・東京国立博物館 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30