フォト
無料ブログはココログ

« よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター | トップページ | 酸っぱい温泉「中の沢温泉」ともちもちの新そば「おおほり」@福島県猪苗代町 »

2014年11月21日 (金)

思わぬ積雪であえなく引き返す・五色沼自然探勝路@福島県北塩原村

五色沼ちゅうから、その五色を確かめてみんべえ。

福島に来てます。

特に目的もないので世に知られた五色沼へ。

Img_0713

磐梯山は雪をかぶってます。

ここは毘沙門沼。

もっとも大きい沼です。

ここから望む磐梯山は裏磐梯を代表する景観のひとつ。

よくみると頂上の手前がへこんでます。

火口壁です。すごいもんです。

小磐梯が吹っ飛んだあとですね。

約1000年の間眠り続けた磐梯山は1888年(明治21)に突然大爆発。

これによって北側にあった小磐梯は瞬時になくなり岩や土石が本流となって流れ出した。

周辺の河川がせき止められ檜原湖や湖沼群がつくられた。

Img_0717

毘沙門沼は青白色。

瑠璃沼の神秘的な瑠璃色、鉄さびに染まった赤沼の草木なんかも見たいね。

そういや30年くらい前に来たことがあるな。

会社の会議をしたんだ。

バブリーな時代でした。

会議はしましたとも。1時間くらいね。

そのあとは懇親会でへべれけ。

翌日、二日酔い冷ましに沼を一周したんだっけ。


Img_0715_2

自然探勝路をたどると10数個の沼が観察できます。

一周すると約3.6㌔。

1時間ちょいなら時間つぶしにちょうどいい。

初めは踏み跡があって雪も少なかったんですが、だんだん深くなる。

融けた雪で道もびちゃびちゃ。

滑らないよう気をつけてはいたんですが、この通りスッテンコロリン。

このため毘沙門沼の途中で撤退を決意。

幸いに別の散策路があったので、そちらからあえなく引き返し。

時間がつぶれません。

どうすんべえ。


« よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター | トップページ | 酸っぱい温泉「中の沢温泉」ともちもちの新そば「おおほり」@福島県猪苗代町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

北塩原って、塩原の北じゃないんだよね。合併旧3町村の頭文字なんだよ。ここの「何とか道場」という蕎麦やが最高。ざる、汁のかしわ(鶏ダンゴだった)など、好きなだけ食べ放題。これが絶品。私は今でもここの蕎麦以上の味に出会ったことがない。

さすが戸塚の純ちゃん。あちこち旅をしていろいろご存知。たしかに塩原の北じゃなくて北山村、大塩村、檜原村の合併でした。思ってもみませんでした。

検索したら千葉道場というのがあったけどここでしょうか。喜多方に近いところでした。

そうです、千葉道場。書こうかと思ったけど、仮名にしたんです。旨かったです。田畑の真ん中でした。

近くに寄る機会があったら食べてみます。

B級グルメのチャンピオンが言うことなら間違いなしでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター | トップページ | 酸っぱい温泉「中の沢温泉」ともちもちの新そば「おおほり」@福島県猪苗代町 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31