フォト
無料ブログはココログ

« ホントに鯛がうじゃうじゃ鯛の浦@千葉県鴨川市小湊 | トップページ | よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター »

2014年11月19日 (水)

何やってんだ吉田と森重・日本2−1豪州@マチダが怒る

きのうは気持ちよく酔っぱらって、中継は見ませんでした。 

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんがDFのチョンボに怒りをあらわにしてます。

    shoe   shoe    shoe

健さんが亡くなっていた。「昭和残侠伝」カッコよかった。

「冬の華」「夜叉」での目つきはホンモノ、ぞくっとするほど怖かった。


 「アベノミス解散」何も年末にねえ。

大ニュースの中で日本代表が豪州に2-1勝利。

でも素直には喜べません。というより怒りが先です。


何やってんでしょう、DFの真ん中2人。

後半28分、豪州は負傷しているカーヒルを敢えて投入してきました。

0点で終わりたくないからです。

逆に日本は今後の為に完封して勝負づけをしておかなければならなかった。

ロスタイム、カーヒルさえ注意しておけば失点はまずない局面です。

なのにゴール前でフリーにしてしまうなんて、脳ミソを鍛え直せよ!です。

footfoot

右サイドを突かれ豪州にボールを運ばれます。

DF陣はやや油断したのでしょうか、寄せが緩すぎました。

突破が怖い吉田がつられたようにカバーに回ろうとカーヒルから目を離していまいます。

一瞬振り返りましたが、もう手遅れです。

ゴール前にはポッカリと空地。

森重はカーヒルの背後からの動きにつけず、前を取られ野放し状態にしてしまいました。

どうぞ点を取ってくださいとばかりのゴール前にピンポイントのクロス。

練習でも見られないほどのノーマークヘディングを決められました。

体を密着させていればあそこまで楽々とできなかったでしょう。

ベタマークでよかったはずです。

なぜ、あの時間帯で中途半端な守りをしたのか疑問です。

runrun

立ち上がりから豪州の積極的プレスに押し込まれ、いいところがありません。

もしカーヒルがいたらと考えるとぞっとします。

前半もかなり過ぎてからシステムを変更して、どうにかパスが回るようになりました。

4・3・3はやはり難しいのですかね。

特に香川の動きが詰まってしまうようです。

森重の股抜きドリブル→岡崎が跨ぎシュートは南米ふうで気持ちがよかった。

だからこそ、あのみっともない1点で怒りに火がつきました。

本番ではないのですから、勝ったからいいとはいかないでしょう。

                                マチダ

« ホントに鯛がうじゃうじゃ鯛の浦@千葉県鴨川市小湊 | トップページ | よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホントに鯛がうじゃうじゃ鯛の浦@千葉県鴨川市小湊 | トップページ | よく見てね10枚じゃないよ5枚だよウシハコベ@植物多様性センター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30