フォト
無料ブログはココログ

« 裏磐梯でサルバドール・ダリの世界に浸った@諸橋近代美術館 | トップページ | 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

2014年11月23日 (日)

ガンバ長谷川監督に勝負師の冷静さを見た@ガンバ、浦和の優勝を阻止

浦和は悪いサッカーではなかったんですが、いかんせん点が入りませんでした。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんはエース2人を交代した長谷川監督に冷静な采配が勝利を生んだと分析しています。

     shoe   shoe   shoe


浦和0-2G大坂 勝たなければならないガンバと勝ちたい浦和。

采配の妙が2分間の激勝ドラマを生みました。


どうしても点が取れないガンバ。

長谷川監督が手を打ちます。宇佐美とパトリックのの交代。

いつも通りの采配にも見えます。

しかし勝利が必須な戦いです。

チームのエース格を引っ込めるのは躊躇しても不思議ではありません。

そんな心情にフタをしたのは2人の消耗がいつもより激しいと見たからでしょう。

選手の状態を見極めて上での冷静な采配に勝負師の顔を見ました。

やるもんだ。“奇跡の後半戦”も頷けます。

sagittariussagittarius

浦和はホームVを意識している以上モチベーションは高く、内容は悪くありません。

まずは守り。ガンバの得点源、パトリックをベタマークさせて封じます。

宇佐美がボールを持つと3人マークで潰しまくりました。

立ち上りから押し込まれても失点しなかったのは、この守備意識が徹底されていたからです。

この作戦は9分通り成功していました。

cancercancer


攻めではサイドにボールを散らしてガンバゴールに迫りました。

ただ気になったのは右の平川。

何度となくフリー状態でパスを受けます。

ところが1回も(多分)縦への勝負を仕掛けません。


近くの味方と短いパス交換をしたのち、ほとんどがその場からのクロスでした。

どんなに精度が高くても相手DFが待ち構えるところへ放り込むだけでは、簡単に得点とはなりません。

runrun

ホームVの期待に応えたいペトロヴィッチ監督は、平川に代えて関根を投入します。

守りを犠牲にしてでも打開を図ったのでしょう。

関根は果敢にドリブルで仕掛けました。

ガンバゴール前の陣形が変わり、得点の臭いがしてきたのですが、今度は決定力がありません。

気合の入っていた李もバテバテ状態でした。

“勝ちたい”熱い気持ちの勝負手は結果、裏目に。

43分、FKからのクリアボールを拾われてカウンターを食い失点。

張りつめていた糸は切れてしまいました。

libralibra


興梠の投入は無駄です。

興梠も心意気は買いますが、骨折しているのなら出るな。

プロならもっと自分の体をいたわるべきです。

結果ケガが長引いては何にもなりません。

スケートの羽生でも賛否がありました。

プレーする側も見ている側も、涙の感動ドラマに毒されています。

理想論とはいえ万全な状態で最高のプレーをするのが真のプロでしょう。

それが一番のファンサービスです。

                                 マチダ

« 裏磐梯でサルバドール・ダリの世界に浸った@諸橋近代美術館 | トップページ | 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏磐梯でサルバドール・ダリの世界に浸った@諸橋近代美術館 | トップページ | 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30