フォト
無料ブログはココログ

« 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 | トップページ | 三鷹の戦国時代は小競り合い程度でかわいいもの・牟礼神明社@玉川上水を歩く会その7回目の1 »

2014年11月25日 (火)

晩秋でもバラが・・まっ白な「富士」と「よろこび」@神代植物公園

原種のバラは必ず見回るようにしてます。晩秋でもまだまだ楽しめます。

いずれも返り咲きかな。

Img_0782

まっ白なのが目に留まりました。

フラウ・カール・ドルシェキ。

アルプスのユングフラウは有名なので山の名かと思ったが大ハズレ。

カール・ドルシェキ夫人。

フラウは夫人だったんですね。

ユングは英語のヤングでしょう。

なのでユングフラウは乙女。

1901年にドイツでつくられた往年の名花。

いまじゃ名花から滑り落ちてしまったのね。かわいそう。

日本名は不二、あるいは富士。純白だとだれでも富士を思い浮かべるようだ。


Img_0787_2

白と桃色が混じった「よろこび」

日本のノイバラを四季咲きに改良したもの。

1955年に鈴木省三氏が作出。

鈴木さんの名前はよく聞きます。

いろんな品種を作り出してる人です。


« 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 | トップページ | 三鷹の戦国時代は小競り合い程度でかわいいもの・牟礼神明社@玉川上水を歩く会その7回目の1 »

調布市」カテゴリの記事

コメント

故鈴木省三氏はミスターローズとして世界的に有名な方ですよ。

たまゆきさん。ご教授ありがとうございます。
ちゃんと覚えておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松に配するはメタセコイアとラクウショウの紅葉@神代植物公園 | トップページ | 三鷹の戦国時代は小競り合い程度でかわいいもの・牟礼神明社@玉川上水を歩く会その7回目の1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31