フォト
無料ブログはココログ

« 失敗を怖がってたなでしこ日本1−3北朝鮮@「しぼむ一方」とマチダ | トップページ | 江東0㍍地帯を行く@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その3 »

2014年10月 3日 (金)

遊郭と野球場もあった埋立地・江東区・洲崎@地下鉄の地上を歩く会5回目その2

ここは洲崎橋の上。なーに、もう川は埋め立てられてますがね。

往時は交番があって子供が入ろうとすると止められた。

だだっ広い道は大門通り。

Dsc07845

向こうが洲崎遊郭、戦後は名を改め洲崎パラダイスがあったところ。

「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝(ドブ)に灯火うつる三階の騒ぎも手に取る如く・・」

(たけくらべ)

三方を川で囲まれここが入り口。

吉原と同じです。

女たちの逃亡を防ぐためでしょうね。

どこの遊郭も入り口は大門と称したんでしょうか。

帝大生の風紀上よろしくないと根津遊郭が禁止。

ここを埋め立てて明治21年(1888)そっくり引っ越してきたんです。


Dsc01607

川島雄三監督の映画「洲崎パラダイス 赤信号」撮影時の大門。

売春防止法の成立した昭和31年(1956)の公開なので、まだ営業してた時の撮影でしょう。

ですから遊郭はなくなっても区画はそのままです。

こんなに広い道路は火事の延焼を考えてのことなのでしょうか。

捜せば名残りの建物がありそうですが、じろじろ見るのも失礼なのでさっと通り過ぎました。

写真を見て気づいたんですが橋の向こうが下がってる。

ここも地盤沈下してるのか。

近ごろは騒がないけど名だたる江東区の0㍍地帯ですからね。


Dsc07854

地下鉄東西線の東陽町駅を越えて海側に右折すると洲崎球場あと。

選手たちが球場入りすると青バットの大下弘が遊郭の2階から手を振っているのが見えたーー。

なんて伝説も作られた。

大下は戦後の球界入りなので洲崎球場はすでにない。

でも、そんな猛者もいたんでしょう。

わずか3年で閉鎖された洲崎球場は昭和11年(1936)に完成。

この年、プロ野球公式戦の決勝戦が行われた。

試合はエース沢村栄治の3連投で2勝1敗の巨人がタイガース(今の阪神)を降して優勝。

「伝統の一戦」はここから誕生した。


Dsc07852

上が東陽町で右の通りは永代通り。

外野は海側です。

カニが這っていたといいます。

満潮になると海水が押し寄せコールドゲームになったことも。

今は水処理メーカーのビルが建ってます。

向かいは江東運転免許試験場と警視庁第九機動隊。

海ははるか彼方です。

江東区の面積は39.9平方㌔㍍と23区の中で6番目に大きい。

ところが明治15年(1882)には11.4㌔㎡に過ぎなかった。(これは深川区と城東区を合わせたものか)。

昭和23年(1948)でも22.5平方㌔㍍。

埋め立てはまだ行われているので、まだ増えるでしょう。

もっとも帰属を巡ってほかの区と揉めたりしてますがね。

« 失敗を怖がってたなでしこ日本1−3北朝鮮@「しぼむ一方」とマチダ | トップページ | 江東0㍍地帯を行く@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

散歩人さん、こんにちは
地下鉄の地上を歩く会(東西線編)も木場までやってきましたね。
東日本大震災までは、洲崎パラダイス時代のカラフルなタイル貼りの建物が、
数件残っていましたが、震災後に全て取り壊され、マンションとなってしまいました。
今や洲崎遊郭の名残は、洲崎橋の銘板と大門脇のそば屋くらいでしょうか。
行政は、江戸時代からの地名「洲崎」も消し去って、東陽町などとしています。

広重の浮世絵「深川洲崎十万坪」の鷲になった気分で、洲崎を見下ろすビルの上で
このコメントを書いています。

芙蓉酔人さん。

それらしき建物が昔はあったような・・ちらちらしながら通りました。
震災後に取り壊されたんですか。

何も残ってないわけだ。

ランチは深川ギャザリアで。芙蓉酔人さんも行かれるのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失敗を怖がってたなでしこ日本1−3北朝鮮@「しぼむ一方」とマチダ | トップページ | 江東0㍍地帯を行く@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31