フォト
無料ブログはココログ

« お岩さんも飲まされたトリカブト@調布市野草園 | トップページ | アギーレ監督は何を考えてるんだか・本田、長友先発外し@日本0−4ブラジル »

2014年10月14日 (火)

菊が花盛り・・なので気になる新宿御苑の菊花壇展@野川公園

ちょいとご無沙汰してたら自然観察園内は菊の天下になってました。

Dsc07946

また悩ましい季節です。

野菊が見分けられないので深く考えないようにしてます。

難しい局面ではさっさと逃げて解決しないグズです。

でもこれは分かるんだなあ、ヤクシソウ。

由来は諸説あるが、苦みが薬になるという薬師如来信仰からとしておきましょう。

その方がありがたみがある。

日だまりで輝いてると気持ちも温かくなります。

キク科オニタビラコ属。

葉は相当に苦いらしい。今度、サラダに散らしてみよう。

Dsc07941

これは名前を言われればなんとなく分かるシロヨメナ。

ヨメナとついてますがシオン属。

   tulip   tulip

菊といえば新宿御苑の皇室ゆかりの菊花壇展が有名。

ところがデング熱の影響で9月7日からずっと休園中。

いつから再開されるのか。

私は11月1日かその直前と推測してます。

菊展の準備もあるから、もうすこし前かも。

すでに10月9日からインフォメーションセンター、園路北側の「散策路」などが利用可能になった。

園内で採取した蚊の数も減り、すべて陰性。

毎年、11月1日から15日までの菊花壇展はぜひとも開催したいところでしょう。

    pencil   pencil   pencil

デング熱の国内感染の影響で閉鎖していた新宿御苑(東京都新宿区、渋谷区)について、環境省は17日から全域で施設利用を再開することを決めた。殺虫剤の散布や幼虫駆除、気温の低下で蚊が大幅に減り、採取された蚊からもウイルスが検出されなくなったため。(16日朝日新聞デジタル版)

Dsc07935

オオオナモミの引っ付き虫がこんなに大きくなってます。

昭和のはじめに発見された外来種。

今ではオナモミ(こちらは史前帰化植物)に取って代わっているらしい。

オナモミって変な名前だなあ。メナモミもあるからナモミかーー。

「名の由来は、雄生揉(おなもみ)で毒蛇に噛まれたときなどに、生の葉をもんで傷口につけると痛みが和らぐことから由来」とイー薬草・ドット・コムに出てました。

葉を揉んで傷口につける植物は他にもある。

無理がありそうな気もするなあ。

実を乾燥させたのが蒼耳子(そうじし)で解熱、頭痛に効くらしい。


« お岩さんも飲まされたトリカブト@調布市野草園 | トップページ | アギーレ監督は何を考えてるんだか・本田、長友先発外し@日本0−4ブラジル »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お岩さんも飲まされたトリカブト@調布市野草園 | トップページ | アギーレ監督は何を考えてるんだか・本田、長友先発外し@日本0−4ブラジル »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30