フォト
無料ブログはココログ

« 深大寺の旧庫裡で手打ちそばのお接待@延命観音供養 | トップページ | 山茶花なのでお茶にして飲んだのかなあ・もうサザンカの季節@神代植物公園 »

2014年10月20日 (月)

一番人気はプリンセス・ドゥ・モナコ@神代植物公園秋のバラフェスタ

きょうはグレース・ケリーを捜しましょ。

コンサートまでは時間があるのでバラ園をひと回り。

Img_0144_3

といってもなにしろ広いからねえ。

バラは5000株もある。

場所の目星はつけてるんですが、はっきりとは記憶してない。

とりあえず全体を見回すと人だかりができてるバラがある。

人混みは嫌いですが、人だかりは大好きです。

行ってみましょう。

やっぱりね。プリンセス・ドゥ・モナコでした。

ほかより注目度が抜群に高い。カメラ位置を確保するのに少し待つほど。

もちろん事故で亡くなったグレース・ケリーに捧げられた品種です。


Img_0151

映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」が先週から公開中。

その影響もあるのかな。

演じるは二コール・キッドマン。

スチールで見る限るそれっぽい。

モナコ公国存亡の危機に直面したグレースが一世一代の大芝居に打って出る。

そんなお話のようです。

プリンセス・ドゥ・モナコの前を通りがかった20代のカップルの男性

「モナコって名前なんだ・・」

もうこの世代はグレース・ケリーをご存じない。嗚呼。

それにしてもこの美しさ。グレースにぴったり。甘い香りも強いんですよ。


Img_0158

テラスではコンサートが始まります。

フルート佐藤純、箏(琴)大平光美のユニット。

バラと花にちなんだ曲を選曲してきたとか。

X JAPAN「ローズ・オブ・ペイン」って出だしがすばらしい。

解説してくれたところによると、バッハの「小フーガ ト短調」のメロだって。

どおりでね。

♬あゝしらぎく 嗚呼白菊 ひとりおくれて さきにけり

どうして「庭の千草」を選んでるの?

なんと原題は「ラスト・ローズ・オブ・サマー」、アイルランド民謡。

「マッサン」のスコットランドじゃないよ。

夏の名残りのバラがひとり寂しく咲いてる・・てな歌詞らしい。

バラでは雰囲気が出ないので日本語詞では白菊にしたんですね。

« 深大寺の旧庫裡で手打ちそばのお接待@延命観音供養 | トップページ | 山茶花なのでお茶にして飲んだのかなあ・もうサザンカの季節@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深大寺の旧庫裡で手打ちそばのお接待@延命観音供養 | トップページ | 山茶花なのでお茶にして飲んだのかなあ・もうサザンカの季節@神代植物公園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31