フォト
無料ブログはココログ

« 一番人気はプリンセス・ドゥ・モナコ@神代植物公園秋のバラフェスタ | トップページ | 枝を食べるケンポナシも豊作です@神代植物公園 »

2014年10月21日 (火)

山茶花なのでお茶にして飲んだのかなあ・もうサザンカの季節@神代植物公園

サザンカとツバキはともに日本原産。学名がCamellia sasanqua とCamellia japonicaなのでも分かります。

Img_0050

葉の縁がギザギザしてて花弁がバラバラに散るのがサザンカです。

木枯らしのころのイメージがありますが、もう咲き出してます。

桃源郷の名札がついてました。

サザンカには芳香があってツバキにはない。

例によって確かめてくるのを忘れました。

花姿は平開して雄しべは筒状にならないのでサザンカで間違いないですね。


Img_0052

じゃあこれはどうでしょう。

平開しないで、雄しべが筒状。

西王母とあって下にカッコで「ゆきつばき」と書いてありました。

葉にギザギザはあるけどツバキなんでしょう。

孫悟空が不老不死の桃を盗む話で、なんとなく西王母の名前は知ってます。

日が当たっていて、仙人の桃に見えなくもない。

   clip  clip

絞りのは舞吹雪。

Img_0057


赤じゃなかったけど、ろうけつ染めで手ぬぐいをこんな模様にしたなあ。

なぜか鮮明覚えてる。

もともと山茶は中国でツバキのこと。

いつの間にか誤って山茶花はサザンカになった。

茶というからには飲んでいたに違いない。

「茶はこのように照葉樹林文化帯の中でいろいろの飲用植物の中から選び出されたもので・・」

「ワット卿は・・茶の獲得は薬用から食用、それから嗜好飲料へと進んだとしている」

(「栽培植物と農耕の起源」中尾佐助、岩波新書)

「いろいろの飲用植物」があって次第に茶が選抜されていったんですね。

稲や麦も同じことです。

いろいろな雑穀の中から稲、麦が長い年月をかけて選ばれた。


« 一番人気はプリンセス・ドゥ・モナコ@神代植物公園秋のバラフェスタ | トップページ | 枝を食べるケンポナシも豊作です@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一番人気はプリンセス・ドゥ・モナコ@神代植物公園秋のバラフェスタ | トップページ | 枝を食べるケンポナシも豊作です@神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31