フォト
無料ブログはココログ

« 菊が花盛り・・なので気になる新宿御苑の菊花壇展@野川公園 | トップページ | 貴重なカワラノギクとウラギクが見られるよ@植物多様性センター(神代植物公園) »

2014年10月15日 (水)

アギーレ監督は何を考えてるんだか・本田、長友先発外し@日本0−4ブラジル

シュートは簡単に決められるもんですね。

途中からは気持ちを切り替えてネイマール・ショーにうっとりしてました。

アギーレもこれで日本選手の実力を理解したことでしょう。

アジア杯への選考課程なんて寝とぼけたことを言ってる場合じゃないことも身にしみたはずです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも本田、長友外しの先発に疑問を呈してます。

    shoe   shoe   shoe

アギーレの先発トンデモ人選。疑問の大合唱メンバーに僕も入ります。

それはそれとして、DFの基本的な動きに疑問が残りました。

ネイマールは確かに凄い。

しかし、分かりきったことじゃないですか。

ならば彼に仕事をさせなければいい試合になるはずでしょう。

その対策をとったかと云うと、疑問が残ります。

typhoontyphoon

前半18分の先制点。

中盤で相手がボールをキープして前線を見ます。

その際、なぜ塩谷と森重が2人そろって上がったのでしょう。

トップには怖いネイマールがいるのに酒井だけを残して。

その坂井も間隔をあけて横についているだけでした。

オフサイドを意識したのかもしれません。

ただ、相手を考えればゴールを背にして正対しなければ簡単にやられてしまいます。

ボールを受けた瞬間を狙ってファウル覚悟で当たらなければ防ぎきれませんよ。

横でマークするのはフリーにしているのと同じです。

酒井もまさか2人が上がるとは思わなかったに違いありません。

相手にとっては美味しい陣形です。

きっちり塩谷―森重の間を通されてしまいました。

footfoot

後半3分の2点目もシオモリ(塩谷、森重)が平行になったところにスルーパスです。

柴崎のトラップミスを奪った選手の横にネイマール。

田口は行ききれず中間守備。

当然です。

そんなヤバイ状況にもシオモリは横並びです。

柴崎のミスの時点でどちらかが引いていたら状況は変わっていました。

オフサイドトラップは呼吸が合わないと傷口になります。

ましてや駆け引きも上手、足もあるネイマールが相手です。

いつもと違う守りを頭に入れておかなければ。

それが頭を使うことでしょう?普段どおりは怪物に通用しません。

sleepysleepy

2点入れられた時点で、眠くなってしまいました。

日本のサッカーにワクワク感がなかったからです。

またしてもブラジルに手も足も出ず。

せめて小指の先くらいでも抵抗してくれたら…。

気が付いたら4点目を入れられていました。

川島もあまりよくありません。

代表のGKなら1本くらいスーパーセーブがあってもいいはずなんですがね。

このところの動きに納得がいかないプレーが見られます。

                              マチダ

winewine


※先日「明るい農村」という焼酎を貰いました。

ネーミングも人を食ったようで面白いのですが、呑み心地もイモ感があって案外いけます。

« 菊が花盛り・・なので気になる新宿御苑の菊花壇展@野川公園 | トップページ | 貴重なカワラノギクとウラギクが見られるよ@植物多様性センター(神代植物公園) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊が花盛り・・なので気になる新宿御苑の菊花壇展@野川公園 | トップページ | 貴重なカワラノギクとウラギクが見られるよ@植物多様性センター(神代植物公園) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30