フォト
無料ブログはココログ

« バラに続いてきょう29日から菊花展@神代植物公園 | トップページ | 工藤祐経の墓、狩宿の下馬桜なども見てきたよ@富士山麓ぐるっと半周聖地めぐりNo.6 »

2014年10月30日 (木)

おススメです・お寺のイメージが覆された大石寺@富士山麓ぐるっと半周聖地めぐりNo.5

こんなに大きなお寺だとは・・・。しばし絶句。

機会があったら是非寄ってください。シダレザクラの季節ならなおさらです。

Img_0270

三門からしてすごい偉容でしょ。

手前のずっと彼方に総門があるんですが、なにしろ広いので戻ってられません。

敷地の中を国道が横切ってるんですからね。

身延山から分かれた日蓮正宗の総本山。

身延山からは富士山がほぼ真東に望めます。

ここは富士山に抱かれた裾野。

富士は北東方向かな。

日蓮の母は夢に富士山が現れたときに産気づき、日蓮を生んだという。

だから久遠寺を離れた日興も、この地を選んだんでしょうね。


Img_0272

広い参道でしょ。

正面に御影堂があるんですが雨にかすんで見えません。

境内は墓苑も含めて南北約1550㍍。東西は約1150㍍。

約70㌶、東京ドーム15個分だって。

「日光を見ずして結構というなかれ」

じゃないですが明治の文人大町桂月は

「大石寺を見ずして寺を語るなかれ」といったそうな。

桂月といっても今の人は知りませんね。

護国寺界隈を散歩したときに登場してます。

「儒者捨て場」を訪ねた時です。住まいも護国寺そばだった。


Img_0273_2

杉の並木を過ぎると両側にシダレザクラ。

およそ150本が表塔中(脇寺)をおおうように並んでいる。

花の季節に通り抜けたら見事なことでしょう。

ソメイヨシノも約5000本、近在の人が大勢花見に訪れる。

表塔中は日興がこの地に移り住んだ際に高弟たちが坊を建てたのが始まり。

現在は位の高いお坊さんが住んでいるようです。

石畳の広い参道を真っすぐに歩いて行くと御影堂がある。


Img_0276

何が納められているんでしょうか。

わたしゃトーシローなので日蓮宗と日蓮正宗のどこが違うのかも知りません。

創価学会が破門された理由も突き詰めてません。

かつては学会信者でにぎわった大石寺。

今はどうなんでしょう。

あいにくの雨なので誰もいませんでしたが。

しまった!

御影堂の右手に重要文化財の五重塔があったんだ。

見逃しました。雨のせいにしましょう。


« バラに続いてきょう29日から菊花展@神代植物公園 | トップページ | 工藤祐経の墓、狩宿の下馬桜なども見てきたよ@富士山麓ぐるっと半周聖地めぐりNo.6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

富士山麓に大伽藍の寺院ですか。
信仰の形にもいろいろあるのですね。
私は、9月より秩父三十四観音霊場の遍路を始め、後一回で、結願となります。
三十四ヶ所の札所を徒歩で回るのに日帰りで6回かかりました。
もっとも、公共交通機関も使いましたけれど。
秩父の人々の信仰と自然に護られた、素朴の御堂に魅せられました。
来年、また新緑の秩父路を回るつもりです。

芙蓉酔人さん。

大石寺はとにかく広いですよ。秩父もいいでしょうね。

来年暖かくなったら訪ねてみたいねーーなんてきのう話してたばかりです。

この連休で結願成就でしょうか。天気も雨から晴れに変わってきましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バラに続いてきょう29日から菊花展@神代植物公園 | トップページ | 工藤祐経の墓、狩宿の下馬桜なども見てきたよ@富士山麓ぐるっと半周聖地めぐりNo.6 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30