フォト
無料ブログはココログ

« いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 | トップページ | 遊郭と野球場もあった埋立地・江東区・洲崎@地下鉄の地上を歩く会5回目その2 »

2014年10月 2日 (木)

失敗を怖がってたなでしこ日本1−3北朝鮮@「しぼむ一方」とマチダ

北朝鮮のスピードにおたおたし通しでした。

パスミスは多いし、バックスはあせって前に蹴るだけ。見事なカウンターで失点。

おなじみA大サッカー部のマチダさんも、心を鬼にして「なでしこはしぼむばかり」と奮起をうながします。

     shoe   shoe  shoe


北朝鮮3-1日本 宮間の「悔しいし情けない」がすべてです。

次世代候補たちに「一丁かませてやろうか」とふてぶてしい態度の選手はいませんでした。

失敗を怖がっているのかシュートすら打ちません。

プレーは一生懸命でもそれで目いっぱい。

もうひと踏ん張りがありません。

run  run

パスの粗さ、ボールコントロールの甘さで攻撃のリズムが作れないまま前半12分失点します。

相手FKからボールを保持されゴール前が混乱。

ゴールやや右でDF2人がかぶってマークに行ってしまいました。

右隅にわずかな隙が生まれ、シュートされます。

投げ出した足に当たってゴールに飛び込んでいきました。

大事な「立ち上がりの15分」を守り切れません。

foot  foot


追いつかなければならないなでしこ。

後半7分に単純なカウンターを食います。

相手陣内でボールを奪われ、前線に一人残っていた選手に大きくあわされます。

なでしこのDFは2人いました。

岩清水が一瞬前に目を奪われ対応が遅れました。

ところがもう1人は相手選手の横、しかも離れた位置にいたため、間を抜け出されてしまいます。

完全にフリーになるのがわかりきっていながら、体を投げ出しもせず、お尻を追いかけるだけでした。

最低でもファウル覚悟で飛び込まなくてはならないでしょう。

sagittarius  sagittarius

11分、わずかに光明が見えたと思われました。

チグハグ攻撃を繰り返していた中、右サイドを川澄が持ち込み、ゴール前へ。

高瀬がスルーすると左後方から走り込んでいた宮間が狙いすましたゴール。

絵にかいたような、なでしこスタイルでした。

これで波に乗れば典型的な2-1試合になる、と踏んだところ、依然リズムを取り戻せず線香花火に終わりました。

42分に留めの一撃を食って万事休す。

sweat02  sweat02


10番をつけた高瀬はよく動くのですが、そこまでで精一杯。

シュートを決めるパワーが残っていません。

大儀見だったらと詠嘆させるチャンスを何度か逃しました。

増矢も右往左往ばかりが目立ちます。

左SBは鮫島に迫るほどではないし、真ん中も熊谷にとって代わる強さはありません。

どう見ても新戦力は育っていません。

再三言うようですが、なでしこはしぼむ一方…。

                                 マチダ
 

« いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 | トップページ | 遊郭と野球場もあった埋立地・江東区・洲崎@地下鉄の地上を歩く会5回目その2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 | トップページ | 遊郭と野球場もあった埋立地・江東区・洲崎@地下鉄の地上を歩く会5回目その2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30