フォト
無料ブログはココログ

« イーストウッド監督の映画「ジャージー・ボーイズ」@4シーズンズ波乱の伝記 | トップページ | 格調高く独歩、太宰のおもかげをを訪ねて@玉川上水を歩く会5回目の1 »

2014年9月23日 (火)

若手がまったくダメ・なでしこの未来に暗雲@アジア大会日本3−0台湾

試合開始の8時にテレビをつけたのに中継が始まったのは9時過ぎの後半10分から。生中継する気がないんならBSで放送するなり、中継権を返上するなりすべきでしょう。

TBSは何を考えているんだか。こんな態度なので視聴率の低迷が続いているんでしょう。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、若手のふがいなさにがっかりです。

それにしても川澄のループは見事でした。

    shoe   shoe   shoe


日本3-0台湾 

なでしこはこのまま枯れていくのではないでしょうか。危機です。

台湾相手に3点は大いに不満が残る内容。


前半3分の先制は、配置換えした坂口。


イライラさせられた試合を締めたのは、後半40分、川澄のループと肝心なところはベテランです。

前半32分、吉良が頭で2点目を決めた以外は、起用された若手に見るべきところはありませんでした。

抜群の決定力、澤2世などと持ち上げられた連中からは、その片鱗も感じられません。

なぜるようなシュートには力が抜けてしまいます。

全速で走ってパスコースをつぶすひたむきさもない。

W杯世代とはあきれるばかりの格差です。

野球で足にはスランプはないっていう格言めいた言葉があります。

似たような意味に解釈すれば下手なら走りまくれ。

最低でもそれが試合に出た選手の責任です。

献身の意味が分かっていません。

footfoot

中盤から近くに敵がいるDFにバックパスするセンス。

あげくボールを奪われフリーで持ち込まれる大ピンチを招きました。

後半の残り少ない時間ででしたが、強豪国なら決められています。

ショートパスもリズムがなく不正確。

縦を意識した長いパスはさらに雑。

カウンターのチャンスを与えていました。

何よりボールを貰うため、シュートするために走っていません。

ボールを持った選手と近くの選手だけで、チーム全体としての連動性がない。

おそらくなでしこの本質を理解していないのでしょう。

何よりの武器はひたむきなプレーのはずです。


なでしこのライバルは、中国や北朝鮮ではないでしょう。

ドイツ、アメリカを倒さなくてはならないことを佐々木監督も承知しているはず。

光を放っている若手は今のところいないようです。
                                マチダ

« イーストウッド監督の映画「ジャージー・ボーイズ」@4シーズンズ波乱の伝記 | トップページ | 格調高く独歩、太宰のおもかげをを訪ねて@玉川上水を歩く会5回目の1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イーストウッド監督の映画「ジャージー・ボーイズ」@4シーズンズ波乱の伝記 | トップページ | 格調高く独歩、太宰のおもかげをを訪ねて@玉川上水を歩く会5回目の1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30