フォト
無料ブログはココログ

« ここにもあるぞキレンゲショウマとカラスビシャク@殿ケ谷戸庭園・国分寺駅徒歩2分 | トップページ | いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 »

2014年9月30日 (火)

名前が面白いので・・バクチノキ@神代植物公園

幹は樹皮が剥がれて赤褐色。

身ぐるみはがされたーーと見えなくもない。

Dsc07786

誰がつけたかバクチノキ。

博徒の信仰の対象になったとか、この木の下で博打場が開かれたとか。

信仰はともかく、木の下で盆ゴザをもうけたりはしないでしょう。

江戸時代も博打は御法度。

なので町方の権限が及ばない寺社で開いていた。

観賞用とはいえませんがバラ科サクラ属です。

ブラシ状に咲くウワミズザクラなんかに近いんでしょうか。

バクチノキは薬にもなります。葉を蒸留すればバクチ水。

咳止めにいいそうです。博打じゃなくてホントの話。

近縁のリンボクも咲いてますが同じような花なのでカット。


Dsc07526

植物会館前に鉢植えのツノナスが置いてありました。

ブラジル原産でもっぱら観賞用。

フォックスフェイスというのは日本でつけた和製ネーミング。

英語じゃnipplefruit。

ニップルに見えなくもないかな。

生け花をする方はよくご存知ですね。

不調法なので、この年になって面白いナスがあるもんだと感心してます。


Dsc07740

花も咲いてました。

やっぱりナスです。


« ここにもあるぞキレンゲショウマとカラスビシャク@殿ケ谷戸庭園・国分寺駅徒歩2分 | トップページ | いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここにもあるぞキレンゲショウマとカラスビシャク@殿ケ谷戸庭園・国分寺駅徒歩2分 | トップページ | いらかの波から明治の深川をしのぶ@地下鉄の地上を歩く会・東西線の5回目その1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30