フォト
無料ブログはココログ

« 若手がまったくダメ・なでしこの未来に暗雲@アジア大会日本3−0台湾 | トップページ | 何とかじゃないけど太宰も高いところが好きなのね@玉川上水を歩く会5回目の2 »

2014年9月23日 (火)

格調高く独歩、太宰のおもかげをを訪ねて@玉川上水を歩く会5回目の1

3月から始めた「玉川上水を歩く会」が夏休みをはさんで再開。5回目で羽村からようやく武蔵野市に入りました。

国木田独歩にちなんで境停車場集合です。

「三崎町の停車場から境まで乗り、そこで下りて北へ真直に四五丁ゆくと桜橋という小さな橋がある」

(独歩「武蔵野」)

商店街を抜けると、その先は独歩通り。真っすぐ北に歩きます。

桜橋手前で左へ曲がって独歩の森(境山野公園)。

ここで独歩がデートしたんです。

デートのことやらはこちら「乙女は恋の香に酔う・・独歩の森」にかきましたので繰り返しません。

Dsc07647

小金井よりにちょいと戻って千川上水の取り入れ口。

杉並、練馬方面をうるおしてました。

話は戻って独歩はどうして境で降りたんでしょう。

簡単です。ほかに駅がなかったから。

甲武鉄道開通(1889年=明治22)と同時にできた駅は新宿、中野、境、国分寺、立川。

ことしで開業125年にもなります。

地元の農家が大変に協力的だったといいます。

蒸気機関車用の水の供給で便宜を図ったのかな。

吉祥寺開業は10年後の1899年。

小金井の桜見物の花見客も境で降りて国分寺まで歩いた。

混雑のため1924年(大正13)には小金井に臨時停車場が設けられた。


Dsc07648

上水北側の庭先販売の旗のある農家にお邪魔。

庭先に縞のある柑橘類が植えてありました。

名前が分かりません。

誰かがスマホで調べて教えてくれたんですが、3歩歩けば忘れるニワトリの記憶力。

「縞のあるミカン」で検索したら縞ダイダイが出てきました。

そういうことにしておきましょう。

その北に農業公園があるので寄り道。

このあたりを開いた農家の立派な長屋門が建ってます。

ヤマボウシの熟した実の味見もしてもらう。

「甘ーい」。

ちょいと進んで、ようやく桜橋。

独歩の森ではマヤランを捜したりしたので時間を食った。

独歩通りを南に行けば武蔵境駅。

振り出しに戻ったみたいで、ここまでで1時間。

先を急ぎましょう。


« 若手がまったくダメ・なでしこの未来に暗雲@アジア大会日本3−0台湾 | トップページ | 何とかじゃないけど太宰も高いところが好きなのね@玉川上水を歩く会5回目の2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 若手がまったくダメ・なでしこの未来に暗雲@アジア大会日本3−0台湾 | トップページ | 何とかじゃないけど太宰も高いところが好きなのね@玉川上水を歩く会5回目の2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31