フォト
無料ブログはココログ

« 待ってましたツルニンジン開花@植物多様性センター | トップページ | トゲがなくなった秘密・ハチジョウアザミ@植物多様性センター »

2014年9月18日 (木)

「へたくそ!」イラクに完敗1−3@温厚なマチダが声を荒げる

球際の寄せ、パスの精度、そしてシュートの決定力。すべてにイラクが上でした。

W杯のフル代表同様、強い相手に対しては怖じ気づいてしまってふだんのサッカーができない。

日本人のメンタリティーはまた弱くなってしまったようです。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんも、あまりの下手さに落ち着いて見ていられなかったようです。

     shoe   shoe    shoe


まったくもう。この世代までもシュート下手とは。

ここまでくると日本のマイナスDNAとしか考えようがありません。

後半、決定的チャンスが少なくとも4回ありました。

いずれもフリー状態で決めなくてはいけないシュートをことごとく外しました。

ゴール前では足で2回頭で1回。さらにミドルレンジから。

いつもは冷めてみているのですが、珍しく「ヘタクソ」って叫んでしまいました。

ヘディングはバーに阻まれたのでツキがなかったとしても、あとは根本的な問題です。

シュートする際に体が硬過ぎます。

おそらく力むのでしょう。

PE外やや右からのミドルはジャストミートせず、ゴール左へチョロチョロ。

airplaneairplane

ゴール前の2発はバーのはるか上へ。

軸足が突っ張っていて余裕がありません。

それでいて腰を落とそうとします。

とどうなるか。

体をそらさなければならず重心は後ろにかかります。

蹴ったボールは上に行くしかありません。

外国人はシュートでの腰の位置がもっと前で上にあります。

足の長さではなく、膝でバランスを取ってるからで、ハンドルの遊びと同じ理屈です。

その方がとっさの反応にも余裕が生まれます。

心理的にも、いいパスがきた瞬間決める意識が強くなり過ぎて力んでしまうのでしょう。

ゴールを特別視しているせいなのかもしれません。

サッカーではゴールがフツーの仕事だと思えるようにならないと解決しないのではないでしょうか。

runrun


DF陣も簡単なミスが目立ちました。

まず「立ち上がりの15分は注意」の鉄則を忘れています。

1点目は前半12分、2点目が後半5分。

主導権を取るためのゴールデンタイムに、しかも苦手の相手にやられているのでは勝ち目はなおさら薄くなります。

せっかく同点にしておきながら失った2、3点目は守りの甘さです。

右サイドから左へ放り込まれたクロス。

室屋はマークから目を離しボールを待つ格好になりました。

背後から走り込まれてズドン。

GKもハイボールに出ようかと一瞬ためらいが見えました。

ダメなら声をかけるべきでしょう。連係の悪さです。

footfoot


反撃を試みながらチャンスを逃しているうちにトドメのFKを決められます。

PE右外付近で岩波が中途半端に出て行ってファウルを犯しました。

イラクの10番はその前2度のFKでいずれもゴールマウス内へ強烈な一撃を見舞っていました。

GKが何とかしのいでいたものの、恐ろしいキッカーです。

ゴール近くで不用意な反則は禁物なのに簡単にFKを与えてしまいました。

三度目の正直、しかも最もいいコースへ蹴り込まれました。

日本の壁も3枚と少なかった。

増やすよう指示は出ていたのでしょうか。

岩波は反則する前、あわやオウンゴールのクリアミスをしています。

相手のプレスがないのにミスミスCKを与えたことを引きずったままプレーしていたことが影響したかもしれません。

denimdenim

日本はルーズボールをほとんどものにできませんでした。

DFが相手をマークする際の間隔が広すぎます。

1㍍くらいですか。

しかし、それだけ間があると相手は楽にボールを操ってきます。

もっとタイトに50㌢、30㌢に詰めないから球際に差が出てしまうのです。

FWのボール処理応力も同じこと。

原因はJリーグです。

緩くても通用するから、狭い間隔での凌ぎ合いは身につきませんよ。

sagittariussagittarius

期待の鈴木武蔵。

足は速い。ジャンプ力もある。

確かに端々に片鱗は見えました。

ただ、プレーの一つ一つが遅い。

つまり切れがない。

トップに上がるには瞬間的なスピード要請が必要です。これからの課題でしょう。


それと君が代をきちんと声に出して歌え、イレブンたちよ。

国歌に対する意識づけは指導者たちの責任でもあります。

                                  マチダ

« 待ってましたツルニンジン開花@植物多様性センター | トップページ | トゲがなくなった秘密・ハチジョウアザミ@植物多様性センター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 待ってましたツルニンジン開花@植物多様性センター | トップページ | トゲがなくなった秘密・ハチジョウアザミ@植物多様性センター »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30