フォト
無料ブログはココログ

« 都内初・三鷹でセアカゴケグモ発見 | トップページ | 三鷹のセアカゴケグモ情報(26日) »

2014年9月26日 (金)

パレスチナに4−0勝利も守備に不安・次は韓国@アジア大会U21

いまいち攻撃が噛み合ってないようです。守備もマークが甘い。

次は韓国。オーバーエイジも使って、全力でぶつかってくるでしょう。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、絶対に勝て!と檄を飛ばしてます。

     shoe    shoe   shoe

日本4-0パレスチナ 前半2-0。

ややもたついてシュートミスも目立ちました。

その中で27分、右CKの流れから原川がクロス。

武蔵がジャンプ一番大会5点目を決めました。

頭一つ抜け出たヘディングは身体能力の証明。

後はスタミナと連動する細かな技術を磨くことでしょう。

真面目そうなので、飛躍の可能性大です。


runrun

後半この武蔵に代わって出場した荒野拓馬がすぐさま結果を出します。

30分、左サイドにロングパス。

オフサイドラインぎりぎりで我慢して飛び出すと完全フリー。

落ち着いてゴール右に決めました。

この流れはチームを弾ませ、相手にはダメージでした。

武蔵が逸りすぎてオフサイドを重ねていたのをベンチで観察していたのではないでいょうか。

denimdenim

 0に抑えたものの守備は時折パスワークで攪乱される場面もあって一抹の不安があります。

全体的にプレスが甘い(前線からの守備も含めて)。

相手との間隔が広すぎるため前を向いたプレーをされてプレスが意味を持たなくなっていました。

次戦は韓国。絶対勝たなくてはなりません。

国歌を歌って気持ちを高ぶらせなくては。

chickchick


番外ですが、バドミントンの首脳陣はなんであんなに弱腰なんですかね。

停電が本当なら、空調を時間ごとに公平に入れたと主張しているのが本当だとしても、運営サイドが公式に謝るべきです。

新聞を使って正論もどきを主張していて、ミスを認めようとすらしない。

結果は覆りませんが、言うべきことはもっとはっきり言う。

受け入れるべきは受け入れる。

毅然とせよ、です。

スポーツマンシップを盾に懐の深いところを見せても選手はたまりません。

歯切れが悪いったらありゃあしない。

ああ言っているんだからとかなんとかで、なだめすかしたんでしょうしょう。

一流選手は自分のプレーに自信を持っています。

不可解な空気の流れで、いつものショットが決まらないなんて怒るのは当然です。

両国の関係が微妙?政治とスポーツは別です。
                             町田

« 都内初・三鷹でセアカゴケグモ発見 | トップページ | 三鷹のセアカゴケグモ情報(26日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都内初・三鷹でセアカゴケグモ発見 | トップページ | 三鷹のセアカゴケグモ情報(26日) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30