フォト
無料ブログはココログ

« ほんのり桃色サクラタデ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 本日の野川公園ヒガンバナ@自然植物園 »

2014年9月14日 (日)

脳ミソと体が鍛え直された浦和と対照的な清水@清水1−4浦和・マチダのJ

なでしこはガーナをものともしませんでした。

縦のパスや裏を狙う動きがドンピシャはまって前半だけで5−0。

おなじみA大サッカー部OBのマチダさんは、首位を走る浦和の強さに迫ります。

     shoe   shoe   shoe

清水1-4浦和 首位と下位に喘ぐ名門。時期はずれますが、共に指揮官が変わっています。

浦和はザル守備が大幅に改善されて、得失点差は20。

当然の成績です。

選手を大幅に入れ替えたわけでもありません。

大きく変わったのは、おそらく守備に対する意識でしょう。

以前ならチャンスとなると後先考えずガンガン駆け上がって逆襲を食って失点を重ねていました。

ところが最近は勢いよく攻め上がってもバランスが取れています。

頭のどこかに守る意識を持ちながらプレーしているように見えます。

監督による洗脳でしょう。

つまり脳みそと体が鍛え直されたに違いありません。

もちろんハードワークあってのことです。

runrun

清水は何をしようとしているのかはっきりしません。

おそらく伝統的な回しサッカーが基本でしょう。

しかし、最近のパスサッカーは一人をかわして繋ぐ個人商店的プレーは通用しません。

3人目の動きどころか4人、5人が連動していないとチャンスを作れなくなっています。

大榎監督はそんなことくらい百も位承知でしょう。

にもかかわらず選手は…。

動いていません。

おそらくそういわれて頭で理解しても体がついて行っていないのが正直なところです。

問題なのは細かい動き方を直に教えられているかどうか。

どうもそのあたりが未消化のようです。

若手も多くなって、必死にプレーしているのは分かります。

ただ、ボールの行方に反応してガツガツしているばかりで、オフザボールの動きが皆無に等しいのが目につきました。

今流のパスサッカーを目指すのなら、やはり頭と体のトレーニングをやり直さないと。

downdown

サッカー王国と呼ばれた静岡スタイルも時代に取り残されては単なる中古品でしかないわけです。

高校の大会を見ても君臨するほどの力はなくなっています。

根本的にサッカースタイルを見直す時期ではないでしょうか。

他のクラブに比べてサポーターから甘やかされている選手の意識改革もプレー以上に必要。

ジュビロは降格しているし静岡の危機です。

sagittariussagittarius

先週目立った武藤、芝崎らの代表新鮮組はほどほどの出来。

逆に未選出組、茶島(広島)のスピード、米本(FC東京)の献身が目を引きました。

宇佐美(G大阪)はプレーとプレーの間が素早くなっていて、いいですねえ。

tuliptulip

なでしこは勝って当然。むしろ後半0の方が気になります。

                     今回は評論家気取りのマチダ

« ほんのり桃色サクラタデ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 本日の野川公園ヒガンバナ@自然植物園 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほんのり桃色サクラタデ@水生植物園(神代植物公園) | トップページ | 本日の野川公園ヒガンバナ@自然植物園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30