フォト
無料ブログはココログ

« やっぱり富士山の雪融け水が信仰の根っこにあるんだ・神田宮(浅間大社境内社)@富士宮市 | トップページ | 少しずつ秋マキエハギ・レンゲショウマ・カノコユリ@神代植物公園 »

2014年8月 8日 (金)

こりゃうまいと絶句キクイモの味噌漬け・和風料理の花月@富士宮

キュウリのぶつ切りと、もう一品はなんだろ。

ショウガの味噌漬けかな。

Dsc06946

うまい! この食感たまりません。

しゃきしゃきして噛むと気持ちがいい。

ごぼうの味噌漬けをしゃきっとさせた感じかな。

「なんですか?」

大将から思ってもみなかった答え。

キクイモ。

戦中戦後の食糧難の時に奨励された救荒作物だ。

食べてみたかったんです。

だけど正直、うまいものとは考えてもいなかった。

キクイモモドキ、イヌキクイモの黄色い花は見たことがあるがキクイモは未見。

似てるんでしょうね。

この日はキクイモが食べられただけで大満足。


Dsc06950

ところは富士宮市の和風料理「花月」

キュウリも自家菜園の採れたてです。

ほかの料理もみなうまい。

一見で入ったわけではありません。

畠堀操八さん(NPO法人シニア大樂 山樂カレッジ事務局長)とご一緒です。

かつては富士登山のメーンルートだった村山古道の復活に尽力されてる畠堀さん。

翌日、私たちも村山古道の一部をたどってで新六合目を目指します。

お会いするのは2度目。

3年前の晩秋、須走口五合目を散歩したときに初めてお目にかかりました。


Dsc06954

いただくのは当然このお酒。

地元・牧野酒造の「村山古道」。

これが料理に合うんです。

とろりとしてると料理より勝ってしまうじゃないですか。

じゃなくて料理を引き立ててる。

この日、畠堀さんたちは翌日の準備もあって富士スカイラインの西臼塚(標高1200㍍)あたりを偵察してきたんです。

ここから新六合目まで村山古道を歩く会のメンバーを引率。

私たちはその上の高鉢山駐車場(1600㍍)から登ります。

ここでムラヤマフジコちゃんが仕入れてきた気になる情報。

「前の日に登った人はアサギマダラを1匹しか見なかったんですって」

「えーっ、乱舞を楽しみにしてるのに・・」

さて、どうなりますか。

pencilpencil

アサギマダラとの遭遇はこちら


« やっぱり富士山の雪融け水が信仰の根っこにあるんだ・神田宮(浅間大社境内社)@富士宮市 | トップページ | 少しずつ秋マキエハギ・レンゲショウマ・カノコユリ@神代植物公園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

キクイモにこんなに感動するなんて、さすが散歩人さん!
私なぞキクイモの氏素性が分からず、ただ「へ~っ!へーっ!」と感心するばかりでした。

お酒は少ししか飲めないけれど、料理に合ってとっても美味しいのはわかりましたよ。
銘酒「村山古道」を造った仕掛け人は花月のマスター!やりますねえ!

ムラヤマフジコちゃん。
きのう野川公園に行ったらイヌキクイモがきれいに咲いてました。
2㍍くらいの丈で黄色い花が青空にマッチしてました。
こちらは「イヌ」だから食べられない。

でも本当に感激したんです。あの食感はなんともいえません。子供のころからヤマゴボウの味噌漬けが好きだったせいもあります。

お酒も飲みやすくてうまかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり富士山の雪融け水が信仰の根っこにあるんだ・神田宮(浅間大社境内社)@富士宮市 | トップページ | 少しずつ秋マキエハギ・レンゲショウマ・カノコユリ@神代植物公園 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31