フォト
無料ブログはココログ

« 巴の起源は勾玉?トモエソウを見て・・@植物多様性センター | トップページ | 建物はなく拝むのは富士山そのもの・山宮浅間神社@富士宮市 »

2014年8月 4日 (月)

イエライシャンの香りとともに温室は1年半のお別れ@神代植物公園

夏は涼みに入っていた神代植物公園の温室、8月から(日にち未定)改修工事で閉鎖されます。

期間はなんと1年半。しばらくお別れです。

Dsc06849_2

温室といえども真夏は花の数も少ない。

咲き始めたのがイエライシャン(夜来香)。

夜は来てないけど香ってます。

初めてしげしげと見ました。

星形の花なんだ。

何かに似てるなあ。

そうだガガイモ。


Dsc06537

毛むくじゃらじゃないけど形ばかりか雰囲気も。

説明を見るとガガイモ科。

さやに包まれた実ができるんだろうか。

イエライシャンのイメージはチャイナ服の女性。

少名彦命の乗る小さな船とはかけ離れてる。

それが同じ科だなんて。小ネタを仕入れて今日は満足。

説明には「昭和45年(1970)に日本に導入されその後、国内で初開花した個体です」

日本に来たのはわりと新しいのね。

ガキのころから歌は知ってたけど・・。


Dsc06855

ラン室は一段と涼しい。

ダイサギソウが咲いてました。

サギソウより大きいのでダイサギソウ。

うーん、でもサギっぽくないな。

千葉県から沖縄にかけて分布。

採取されたり環境変化で減少。

絶滅危惧ⅠB類に指定されてます。


Dsc06845

入り口近くで見かけたヘリコニア・ロストラタ。

バショウ科だそうです。

  pencil  pencil

温室の工事日程はまだ詳しくは発表されてません。

以前の掲示では20日ごろとなってたので、そのあたりでしょう。

池のある中庭も温室にするようです。

新宿御苑温室のように2階から熱帯の木を見下ろせるようになってほしい。

背の高い木は上の方に花がついて、よく見えないことがあるので・・。

それにしても1年半は長い。

真冬に逃げ込むところがなくなるのはつらいです。


« 巴の起源は勾玉?トモエソウを見て・・@植物多様性センター | トップページ | 建物はなく拝むのは富士山そのもの・山宮浅間神社@富士宮市 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巴の起源は勾玉?トモエソウを見て・・@植物多様性センター | トップページ | 建物はなく拝むのは富士山そのもの・山宮浅間神社@富士宮市 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31