フォト
無料ブログはココログ

« 甘いよヤマボウシの赤い実@神代植物公園 | トップページ | ツルボも救荒植物なんだって@新宿御苑 »

2014年8月27日 (水)

アフレコでNGばかり20数回・ご迷惑をおかけしました曽根中生監督を悼む

みんなの前からこつ然と姿を消してから20数年。

生死も不明だった曽根監督が上京するというので新宿でお会いしたのは2011年8月。

湯布院映画祭にサプライズであらわれる3週間ほど前だった。

Dsc03081_2

「何をしてるんですか?」

「発明家」

相変わらず何を考えてるのかうかがえないなと苦笑。

でも本当のことでした。

なんのことだか分かりませんが「磁粉体製造装置」「エマルジョン燃料製造装置」の特許を取得。

大分県臼杵にある会社の副社長に収まってました。

しかし突然の訃報。

そういえば胃を切除したとかで食も細かった。

写真は翌12年5月に再びお会いした時のものです。

その時の模様はこちら↓で見てください。


「20年ぶり!所在不明だった曽根中生監督に会いました」

「行方が知れなかった曽根中生監督に20年ぶりに会った・その2 」

「再び曽根中生監督と・がれき処理の新発明を引っさげて南相馬へ行くんだって」

     movie   movie   movie

曽根監督がATGで撮った坂口安吾の「不連続殺人事件」(1977)。

ちょい役で出てるんです。

夏休みを取ってロケ地の新潟へ。ここで生意気な態度を取って内田裕也さんと仲良くなったなあ。

71zabquwexl_sl1500_

セリフのある役で出演したんです。

これが長ゼリフ、なんとか覚えたけどしどろもどろ。

帰ってから東京でアフレコ。

これがNGの連続。

テイク20以上は行ったかな。

ついには曽根さんもあきらめて打ち切り。

編集でなんとかつないでくれました。

ご迷惑をおかけしました。

     run    run    run

荒井晴彦が脚本に名を連ねていて助監督もやってた。

この後になるのかなあ曽根監督の「新宿乱れ街 いくまで待って」は。

荒井の脚本家デビューとされる作品。

« 甘いよヤマボウシの赤い実@神代植物公園 | トップページ | ツルボも救荒植物なんだって@新宿御苑 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ん? 散歩人さんは、元俳優さんですか、それともアルバイト?
ポスターに見える顔は、瑳川哲朗と田村高廣さんでしょうか。
お二人とも今も印象に残っている俳優さんですね。
ATG懐かしいですね。
大学生になって池袋の文芸座に通うようになり、深夜放送で、
ATGの映画のことを良く聞きました。
東陽一監督の「サード」や神代辰巳監督の「赫い髪のおんな」、
鈴木清順監督の「ツィゴンネルワイゼン」などを観ました。
あの頃の名画座などの小映画館には独特の匂いと雰囲気があり、
もう一度味わいたいですね。

芙蓉酔人さん。
NGばかりで俳優だったら永久追放ものですよ。
助監督たちが飲み仲間で遊びに行ってついでに出演しただけです。

深夜放送で映画の話というと「パックイン」の林美雄さんのDJでしょうか。

アフレコNG~!貴重なお話ですね。知りませんでしたnotes

曽根監督を偲んで、この作品をあらためて観たいと思います。

Chie さん今晩は。貴重というより、あまりのでくの坊ぶりに冷や汗たらたらでした。

映画は恥ずかしくて1人で勝手に顔がほてってました。

改めて見られるだけでも情けない思いがぶり返します。

ところで Chie さんは知ってる方でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘いよヤマボウシの赤い実@神代植物公園 | トップページ | ツルボも救荒植物なんだって@新宿御苑 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30