フォト
無料ブログはココログ

« ドイツに学べ!サッカーの進化を見た2014W杯@ドイツ1−0アルゼンチン | トップページ | 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 »

2014年7月15日 (火)

クロユリも見たぞ・黒百合平@おっさん八ヶ岳に登る・7回目

東天狗から黒百合平まで1時間のところを倍の2時間もかかってしまいました。

みんな文句もいわず無言でペースを合わせてくれます。

黒百合ヒュッテで小休止。

Dsc06499

まだクロユリは咲いてるかな。

小屋のお兄さんに場所を教えてもらいました。

わずかに残ってました。

昔は群生してたようですが減少。

小屋周辺の湿地に柵をめぐらして回復を図っているようです。

花弁の色は大分、あせてしまってるみたいです。

でも良しとしましょう。


Dsc06497_2

岩場で咲いてたクモマナズナ。

東天狗頂上付近だったかな。

面白い顔をしてます。

2つの花がくっついて目に見えなくもない。

おにぎりもあるんですが食欲がない。

お裾分けの小さいあんぱんを流し込んで出発。

    riceball   riceball   riceball

「あと3時間」リーダーが元気付けで目安の時間を教えてくれました。

げっ、3時間も・・・。

通常なら2時間なんですが私の歩みから1時間多く見積もり。

苦手な岩ごろ道が続きます。

岩の頭をひょいひょい伝えばいいんですが、うまくいかない。

Dsc06505

これはタカネザクラ(ミネザクラ)。

葉が茶褐色です。

とにかく下に下りたい一心が先立つ。

シャッターを押す気力もうせてます。

これを逃したら一生見られないかも・・となんとかレンズを向ける。

   bomb   bomb   bomb

太ももが悲鳴を上げてます。

見かねたしおんさんが置き鍼を打ってくれました。

鍼の先生なんです。

ピップエレキバン(古いね。これしか知らないもんで)みたいなヤツのまん中に鍼がある。

それをツボに張ってもらいました。

少し楽になってなんとか亀の歩み。

結局ゴールの渋の湯まで4時間かかってしまいました。

見捨てずに無言の励ましをしてくれた仲間に大感謝です。

tulip    tulip    tulip

こんなスケジュールで登りました。

レポートその1「ウルップソウ、ヤツガタケキスミレ高山植物を求めて@おっさん八ヶ岳に登る」

レポートその2「わーい、次から次へと高山植物・夏沢峠〜硫黄岳@おっさん八ヶ岳に登る」

レポートその3「1万年前まで日本一だった八ヶ岳の噴火の跡・硫黄岳爆裂火口@おっさん八ヶ岳に登る」

レポートその4「オヤマノエンドウでしょ、ミヤマシオガマでしょ・高山植物咲き乱れる山荘周辺@おっさん八ヶ岳に登る」

レポートその5「ビールを中断しおっとり刀でウルップソウ@おっさん八ヶ岳に登る」

レポートその6「高山じゃまだサクラが咲いてるよ@おっさん八ヶ岳に登る」

私が初心者なのでゆとりを持った行程です。

【1日目】9:08中央線茅野駅着→10:00タクシーで桜平・登山開始→11:00夏沢鉱泉→12:00オーレン小屋→13:00夏沢峠→15:00硫黄岳山頂15:15→16:00硫黄岳山荘着 (7月1日)

【2日目】硫黄岳山荘7:00→8:00硫黄岳→9:00夏沢峠→10:30根石岳小屋→11:00根石岳山頂11:10→12:30東天狗岳→13:10中山峠→13:20黒百合ヒュッテ→15:30渋の湯 (7月2日)

« ドイツに学べ!サッカーの進化を見た2014W杯@ドイツ1−0アルゼンチン | トップページ | 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

念願のクロユリが見れて、おめでとうございます。
黒百合と言っても真っ黒ではなく、黒っぽい茶色なのです。
初めての八ヶ岳で雨にも降られずコマクサもクロユリも
そしてカモシカまで見れてラッキーだと思いますよ。
散歩人さんが日頃から歩いていてタフだとはいえ、
山の初心者には少しハードだったかな。
3~4日は筋肉痛に悩まされたことでしょう。
でも、苦労して見た花は、心に焼き付き一生の宝になります。
これに懲りず、野生の花を求めて野山を歩いてみては。
本当にお疲れ様でした。


芙蓉酔人さん。
こんなにたくさんの高山植物に出合えるとは思ってもいなかったので、くっきりと目に焼き付いてます。

でももう名前を忘れかけてますが・・。

長いシリーズにおつきあいいただきありがとうございます。

普段歩き回っているおっさんでも八ヶ岳はきつかったようですね。
お疲れ様でした。
おかげさまで、PCの前でラクチンな思いをしながら、山道と高山植物が楽しめました。

八ヶ岳、初登頂おめでとう!
念願が叶いましたね。
ブログのルートをたどりながら、
私も机上登山を楽しみました。
私だったら、歩くことに精いっぱいで、
花を愛でる余裕はなかったでしょう。

マイマイさん。
ウインドウズと格闘中とか。
私は格闘すらできません。壊れたら業者に頼むしか手はないんです。

自分でやってる方はえらいなあと感心してます。

岩ごろ道は大変でした。「もう火山には行かないぞ」なんて唱えながらなんとか下りました。

でもすんでしまえば、それも楽しい思い出になってます。

ちゃちゃさんは何度も登られてるんでしょ。

最初はイワカガミに夢中になりましたが、あちこちで見かけるので、そのうちに見向きもしなくなりました。

ぜいたくです。

天気にも恵まれ、思い出に残る初登頂になりました。

お疲れ様でした!!
謙遜されているけど最後だってそんなに時間掛かっていませんよー。テーピングに大分時間とったし。 散歩人さんの精神力と根性に感心、ただただ脱帽、でした。
2日間で計13時間、54900歩。筋肉痛も2,3日で回復とは。
さすが若かりしあの頃校庭で真っ黒になってボールを蹴っていたサッカー少年だと感服しています。楽しい山行をありがとう。次は温泉も!ね。

しおんさん。
そういっていただけると少し軽くなります。

でも最後の方なんて「もう、置いていってくれえ」との心境でした。
しかし見捨てない山男山女の友情に涙が出る思いでした。

渋の湯手前の橋を渡った時は感無量。

ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツに学べ!サッカーの進化を見た2014W杯@ドイツ1−0アルゼンチン | トップページ | 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30