フォト
無料ブログはココログ

« 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 | トップページ | キャッ!祭神は頭蓋骨・高尾太夫を祀った高尾稲荷@「地下鉄の地上を歩く会」の番外編 »

2014年7月17日 (木)

クイズ「常夏」ってなんの花でしょう@植物多様性センター

常夏で私が思い描くのはひまわりかなあ。

だけど全く違うんです。ヒント、秋の七草です。

Dsc06673

これです。カワラナデシコ。

河原ようの場所にたくさん咲いてます。

日陰では育たないので開けた空間にしてます。

ナデシコが常夏だなんて信じられないでしょ。

源氏にも出てくるんですよ。

「とこなつのはなやかに咲き出でたるを」(紅葉賀)

岩波古語辞典にはこうあります。

「とこなつ【常夏】①《夏がいつまでも続く意》ナデシコの異名。花の盛りが春から秋にわたるからという」。

唐ナデシコ(セキチク)と区別するために常夏とよんだようです。


Dsc06675

見なれない花が咲いてます。

名札を見るとヤナギバタムラソウ。

タムラソウ(まだ咲いてない)の近く。

北アメリカ原産なのに植えているのは比較するためかな。

同じキク科ですが、タムラソウ属ではなくてショウジョウバカマ属。

咲き方が似ていなくもないが。


Dsc06678

モクゲンジの袋状の果実ができてます。

10日ほど前には黄色い花が道にいっぱい落ちてたばかりなのに。

袋の中には黒い種子が入ってます。

数珠に使うので寺院などによく植えられてるそうです。

名前はムクロジの中国名木患子から。

誤ってこっちに着けちゃったみたいです。

こうした間違いはいっぱいありますね。


« 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 | トップページ | キャッ!祭神は頭蓋骨・高尾太夫を祀った高尾稲荷@「地下鉄の地上を歩く会」の番外編 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

カワラナデシコって、秋の七草だったの?

戸塚の純ちゃん。
読んでくれてありがとう。
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)かき数ふれば
  七種(ななくさ)の花
  萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴
  朝貌(あさがお)の花」
   万葉集 山上憶良
  
ということです。朝貌はキキョウ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聞いたことあるけどなんだっけ?アーティチョーク@神代植物公園 | トップページ | キャッ!祭神は頭蓋骨・高尾太夫を祀った高尾稲荷@「地下鉄の地上を歩く会」の番外編 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30