フォト
無料ブログはココログ

« 球のところに雄しべ雌しべがあるんだよウマノスズクサ@野川公園 | トップページ | わーい、次から次へと高山植物・夏沢峠〜硫黄岳@おっさん八ヶ岳に登る・2回目 »

2014年7月 8日 (火)

ウルップソウ、ヤツガタケキスミレ高山植物を求めて@おっさん八ヶ岳に登る・1回目

生まれて初めて高山に登ってきました。

「高山植物がいっぱい」の誘いに一も二もなく「混ぜて」。

こんな行程予定です。

【1日目】9:08中央線茅野駅着→10:00タクシーで桜平・登山開始→11:00夏沢鉱泉→12:00オーレン小屋→13:00夏沢峠→15:00硫黄岳山頂15:15→16:00硫黄岳山荘着 

【2日目】硫黄岳山荘7:00→8:00硫黄岳→9:00夏沢峠→10:30根石岳小屋→11:00根石岳山頂11:10→12:30東天狗岳→13:10中山峠→13:20黒百合ヒュッテ→15:30渋の湯

     shoe  shoe  shoe

高い山の経験はガキのころの雲取山と去年の富士山6合目(1合目から登った)だけ。

梅雨の真っ盛りの7月1、2日に決行です。


Dsc06380

名高い悪路をタクシーにゆられて桜平に到着。

ゲートがあって一般車両はここでストップ。

ゆっくり行きましょうね。

イチゴが咲いてます。

シロバナノヘビイチゴでしょうか。

おっと、いきなりの出合いです。

黄色いスミレ。

なんだっけ。そうそうキバナノコマノツメ。

和名で「スミレ」の名を持たない唯一のスミレ。

葉が馬のひずめ形なので。

黄色いスミレの自生を見るのは初めてです。

標高1700㍍以上でしか見られないというが、そのくらいはあるんだろう。

調べたら桜平は1900㍍。


Dsc06386

こりゃオサバグサのようです。

教えてもらったのでちゃんとメモしとかないとね。

白い4弁の花を下向きにつけてる。

シダ植物のような葉の切れ込みが、機織りの筬(おさ)に似ている。

2つの特徴が合致したので間違いないでしょう。

幸先がいいねえ。

この先が楽しみだなあ。


Dsc06390

比較的順調に昼前に夏沢峠到着。

標高は2440㍍。富士山6合目の2390㍍よりも高い。

わが生涯の最高地点だよ。

向こうの三角形の山の向こうに硫黄岳が隠れてます。

ええーっ、あんなの登るの?

入れ違いに出発した岡谷の中学生の元気な声が聞こえてきます。

あの斜面を登ってるんだな。

オーレン小屋でポツリと来て、あわてて雨具を着込みました。

だけど雨にはならずに、この通り。

大休止はとらずにおにぎり1個を食べて15分ほどで出発。

硫黄岳の山頂で残りを食べます。

この方が筋肉が冷えなくていいそうです。

Dsc06394

ここから森林限界までは高山植物の宝庫。

少しずつ紹介していきますが、今日はちょっとだけよ。

ミツバオウレン。

もちろんお初です。

やっぱり仲間のセリバオウレンに花の感じが似てるかな。

白いのはガクで黄色いのが花弁の名残り。

こういうシンプルな構図は好きです。

    shoe   shoe    shoe

このへんまではほぼ予定通り。

約300㍍上がって硫黄岳を目指します。

To be continued。

« 球のところに雄しべ雌しべがあるんだよウマノスズクサ@野川公園 | トップページ | わーい、次から次へと高山植物・夏沢峠〜硫黄岳@おっさん八ヶ岳に登る・2回目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに覗かせていただきました。

いいところへおでかけでしたねぇ~

黄色いスミレが何株も咲いていましたね。
一度だけ見たことがありますがいいですねぇ~
キバナノコマノツメという名前なのですね。( ..)φメモメモ

し〜さん。
梅雨のさなかでしたが雨には合わずに初めて見る高山植物に目を奪われていました。

でも2日目の下りはばててしまいました。もっと足を鍛えないとと反省中。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 球のところに雄しべ雌しべがあるんだよウマノスズクサ@野川公園 | トップページ | わーい、次から次へと高山植物・夏沢峠〜硫黄岳@おっさん八ヶ岳に登る・2回目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31