フォト
無料ブログはココログ

« 熊葛と大唐米じゃ分からんのでクマツヅラとタイトゴメ@植物多様性センター | トップページ | ヒョウの爪痕・ハスの葉を直撃@神代植物公園 »

2014年6月29日 (日)

楽しみだわいマヤランがこんなに@野川公園

ほどよく雨も降ってるし(ヒョウも降ったけど・・)、マヤランが順調に伸びてきました。

Dsc06333

ざっと数えて30株弱あります。

このほかに密集してるところが5、6カ所。

ロープで囲われてる保護区が4つあります。

自然観察園じゃなくて芝生のある本園。

遊具のあるあたりです。

コナラの林でベニタケ科のキノコが多く生息。

地中でキノコとつながって共生してます。

葉も根も持たないでキノコから栄養をもらってます。

だからマヤランだけを持って行っても枯れてしまいます。


Dsc06332

つぼみばかりじゃ愛想ないので半開きも。

ちゃんと開くのは7月初めくらいかなあ。

絶滅危惧1B類ですが最近はよく見かけます。

神代植物公園では深大寺門の北側と雑木林。

植物多様性センターは林の中。

調布市野草園の入り口前にも出てきます。

武蔵境の独歩の森でも見ました。

雑木林の手入れをしていれば生えてくるんです。


Dsc06339

自然観察園に戻ってコバノカモメヅル。

どこがカモメかと思ったら葉がそうでした。

うまい具合にピントが葉に行ってます(強がり)。

カモメの翼といわれりゃ、そんな感じもする。

コバノは小さい葉。

カモメとヒトデ、じゃなかった星のコラボが妙な味わい。

ガガイモ科。

そういや、ここのガガイモが消えてしまったなあ。

ボランティアさんの話では時々場所を移すそうです。


Dsc06343

ネムノキの花が見ごろです。

近づけないのでズームで。

昔は「ねぶ」だったが「ねむ」になった。

「眠り」も昔は「ねぶり」です。

万葉集では「ねぶ」で出てきます。

芭蕉も「象潟(きさかた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花」です。

その後の江戸中期の18世紀あたりから変わったんでしょうか。

人間はものぐさで破裂音は使わなくなる傾向にある。

「はな」も大昔は「ぱな」でやがて「ふぁな」から「はな」に変化した。

P音とかB音は発音するときに唇を破裂させて力がいりますからね。

節約の法則。

上田万年博士の有名なP音考です。


« 熊葛と大唐米じゃ分からんのでクマツヅラとタイトゴメ@植物多様性センター | トップページ | ヒョウの爪痕・ハスの葉を直撃@神代植物公園 »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

マヤランは神代植物公園の深大寺よりの出口に
数年前に何株か咲いていましたが、野川公園は
ずいぶんありましたねぇ~
確か、絶滅危惧種なんですよね。

ネムノキ、好きなんですよ~
川沿いの大きな木も咲いています。

し〜さん。
野川公園のマヤランは増えてるみたいです。

雑木林を手入れしてあげると生えてくるみたいです。

植物多様性センターも手入れしたら出てきました。

はじめまして。 ブログビギナーの奥田です。

貴兄のページ、昨日初めて拝見しました。
マヤラン、ロープで囲ってある3ヵ所しか知りませんでした。ずいぶんあるのですね。

野川公園、神代植物公園、植物多様性センター、調布市野草園、高尾山 ・ ・ ・ 。
同じフィールドでのようです。もしかしてお目にかかっているかもしれません。

楽しませていただきます。

奥田正彦さん。
ブログ拝見しました。

篆刻は眺めてるのが好きです。
趣味が高じてセミプロになったなんてすばらしい。

フィールドはほぼ同じですね。お会いしたらブログの写真を頼りにお声をかけます。

これからもよろしく。

何て素晴らしい!
マヤランは数年前に、わざわざ神代植物園に見に行きました。
他の所でも見られるようになって…嬉しいです。
コバノカモメズルは、片倉城跡に見に行きましたっけ。
これもワクワクするお花です。
ねむは、私のアドレスに使っています。
活動的で、多摩さん素晴らしいですね!
いつも情報ありがとうございます。

かたつむりさん。
明日6日は野川公園の自然観察会。
時間前に行って、マヤランを見てきます。
もう満開でしょう。

ほかにはそろそろカンゾウが咲いてるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊葛と大唐米じゃ分からんのでクマツヅラとタイトゴメ@植物多様性センター | トップページ | ヒョウの爪痕・ハスの葉を直撃@神代植物公園 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30