フォト
無料ブログはココログ

« 宅地化され面影をとどめないハケの始まり@国分寺崖線探索会・中央線の北側 | トップページ | 武蔵野・三鷹には送らないで施設だけあるんだ・境浄水場見学@武蔵野市 »

2014年6月 9日 (月)

ハケをたどって新田開発の苦労をしのぶ@国分寺崖線探索会・国立駅北側

崖下を歩いていたら、お庭に山が作られてます。

3メートルはあるだろうか。

Dsc05935

塀からのぞいてる頭には溶岩が積まれている。

もしかしたら富士山を個人宅にこしらえた?

富士講にはちょいと関心があるので興味津々。

坂の中腹にある門まで行くと、タケムラ君がまたしても

「知り合いのお宅だ」

驚くほど顔が広い。

ご主人がいらしてお話を伺う。

代々庄屋をつとめたお宅だそうです。

山は築山でとなりに書院、句会や思索用に築いたそうです。


Dsc05938

ちょいと行くとこんもりした森が。

急に崖が高くなった印象です。

中藤新田を開発したときに祀った神明社。

急な階段でしょ。

中藤新田は今の武蔵村山市の中藤の人が中心になって開いた。

狭山丘陵に近い方です。

亨保15年(1730)ころのことです。

隣は観音寺。

武蔵村山市で創建されたが亨保年間の新田開発にともないこの地に移築された。

武蔵村山には観音寺の地名だけが残ってます。

もちろん中藤地区。

Dsc05944

何を見てるんでしょう。

鳥居の内側に妙な遺構が。

かつては橋だったんです。たいこ橋。

玉川上水の分水がハケ下を流れ畑をうるおしていた。

分水が引かれたので次々に新田が開かれた。

ここは国分寺市光町の稲荷神社。

摂社に御岳神社も祀られていて、狛犬に牙がある。

狼かなとも思ったがしっぽが長い。

白狐みたいです。

お祭りでは白狐の装束の子供が舞うみたいだ。

この後は国立駅北口近くの崖をたどる。

国立駅の南口はよく利用したが北口は初めて。

南口の広くて平坦な大学通りとはまるで趣きが違います。

東側は急坂ばかり。

ちょっとびっくりしますよ。


« 宅地化され面影をとどめないハケの始まり@国分寺崖線探索会・中央線の北側 | トップページ | 武蔵野・三鷹には送らないで施設だけあるんだ・境浄水場見学@武蔵野市 »

国分寺市」カテゴリの記事

コメント

うわあ~~!
国分寺市光町の稲荷神社は、我が家から歩いて5~6分です。
国立北口へは、別の方から下りるので、稲荷神社は、バスで
向かう時に横目でチラリするだけでありました。

今度、行ってみます。coldsweats01

かたつむりさん。
ぜひ白狐を見てください。近くだったらお祭りにも行けますね。

ハケ上に住んでらっしゃるのですね。見晴らしもいいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宅地化され面影をとどめないハケの始まり@国分寺崖線探索会・中央線の北側 | トップページ | 武蔵野・三鷹には送らないで施設だけあるんだ・境浄水場見学@武蔵野市 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30