フォト
無料ブログはココログ

« アジサイじゃないよイワガラミ@調布市野草園 | トップページ | 白から赤へ・ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

2014年5月31日 (土)

見上げてごらん梅の木にセッコク@神代植物公園

バラ園は混んでいるのでパス。

山野草園の入り口で咲いてるじゃありませんか。

Dsc05860

2㍍くらいの高さの梅の枝で満開です。

目線の上なのでほとんどの人が通り過ぎてしまう。

惜しいことです。

高尾山に行かなくてもここで十分楽しめるのにね。

ユリみたいな香りがするんですが、ピノキオじゃないので鼻が伸びない。

ラン科の着生植物です。

薬用にされることから少彦名命にちなんで少彦薬根(スクナヒコのクスネ)の古名がある。

昔の人も不思議に思ったんですね。


Dsc05852

オオバオオヤマレンゲが咲いてるというのでツツジ園の北側へ。

レンゲというので草かと思ったら木でした。

モクレン科です。中国、朝鮮が原産。

園芸店などで売られているオオヤマレンゲは、ほとんどがこっち。

オオヤマレンゲは日本特産だが、自生地は限られ低地では成長しないらしい。

名の通りに葉が大きく、雄しべが赤いのが特徴。

ハス(蓮華)に似た白い花なので名づけられた。


Dsc05864

長く伸びたヤマブキショウマの花がやさしい流れを作ってます。

葉が山吹に似ていて、花穂も長いようだ。

近くにアカショウマとヤマブキショウマみたいな花があった。

アカショウマという名札がちょうど真ん中なので、どちらをさすのか分からない。

居合わせたおばちゃんと「どっちかな」

「根の赤いのがアカショウマ」とおばちゃん。

掘るわけにもいかないしねえ。

ショウマもいろいろあって、まだ混乱中。

トリアシ、イヌ、サラシナはまだ区別がつかない。

レンゲショウマ、キレンゲショウマは花が全く違うので分かります。


« アジサイじゃないよイワガラミ@調布市野草園 | トップページ | 白から赤へ・ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

ふふふ、ショウマは沢山種類がありますね。面白~い!
ヤマブキショウマの花が素敵です。

山野草園の入り口にセッコクなんて、知りませんでしたよ~bearing
すぐにも行きたいところですが、今年は無理かな?
5月末でも見事だったのですね。

かたつむりさん。
神代植物公園の山野草園は種類が増えてます。
ボランティアさんがタネから育てて植えてくれているんだと思います。

知らない間に増えるので油断がならないし楽しみ。

ここのセッコクはほかのより遅いようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アジサイじゃないよイワガラミ@調布市野草園 | トップページ | 白から赤へ・ハコネウツギの色が変わるわけ@植物多様性センター »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31