フォト
無料ブログはココログ

« 楊貴妃になった熱田大神@おっさんも旅をする・その2 | トップページ | あっぱれヤングなでしこUー17W杯優勝@マチダも激賞 »

2014年4月 5日 (土)

信長塀から「こころの小径」散策・〆は宮きしめん@おっさんの旅熱田神宮

「風雲児 織田信長」(1959)の中村錦之助(萬屋錦之介)、かっこ良かったなあ。

映画は、父の位牌に抹香を投げつけ、うつけ者といわれた信長が桶狭間に勝利するまで。

うつけから若き武将への変身ぶりにしびれたっけ。

Dsc04325

関東に住んでると信長の足跡に触れる機会なんてないじゃないですか。

こうして実際に目にできるなんてうれしいね。

信長塀です。

信長は桶狭間出陣に際して熱田神宮に願文を奏した。

大勝したお礼に奉納したのが信長塀。

幅も厚くて立派なもんです。

三十三間堂の太閤塀、西宮神社の大練塀と並んで日本三大土塀の一つだそうです。

土塀まで三大なんとかがあるんですね。


Dsc04332

本宮と神楽殿裏の森をめぐる「こころの小径」を巡ってみましょう。

静寂に包まれた古代からの常緑広葉樹林。

6万坪の敷地に、この森が残っているだけでも貴重です。

尾張地方では少なくなってしまったようです。

クスノキの古木。

樹齢一千年を越すクスノキが数本あるというから、これがそうでしょうか。

生命の活力が伝わってきます。


Dsc04334

すぐ前にあるのが清水社の湧水。

湧き水の中に苔むした石があります。

楊貴妃の石塔の一部との説もある石です。

この石に三度水をかけて祈念すると願い事がかなう。

ちゃんとひしゃくが用意されてます。

この水で肌を洗うと美しくなり、目もよくなるそうです。

正門に戻る途中に宮きしめんの店がありました。

昼食もまだだったのでちょうどいい。

そんなに平べったくなくてコシもある。

私がこれまで東京で食べたきしめんよりずっとおいしかった。


« 楊貴妃になった熱田大神@おっさんも旅をする・その2 | トップページ | あっぱれヤングなでしこUー17W杯優勝@マチダも激賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楊貴妃になった熱田大神@おっさんも旅をする・その2 | トップページ | あっぱれヤングなでしこUー17W杯優勝@マチダも激賞 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31