フォト
無料ブログはココログ

« 帝劇とコロッケの唄・早稲田大学演劇博物館@地下鉄の地上を歩く会・東西線 | トップページ | 代表エースの候補たちが見せた気持ちのいいシュート@マチダのJ »

2014年4月13日 (日)

なんと拝殿はガラス張りだよモダンな赤城神社(神楽坂)@地下鉄の地上を歩く会・東西線

おっとびっくり。

鳥居をくぐると目の前にあらわれるのはガラス張りの拝殿。

それでいてイメージを壊すことなく、まぎれもなく神社です。

Dsc04609_2

若い人に人気があるようです。

神楽坂散策のコースに入っているのだろうか。

建て替えにあたって一部を高層マンション化、70年の定期借地権が切れたら神社に返すしくみ。

これで建築費などを工面、2010年に完成した。

デザインの総監修は世界的な建築家の隈研吾氏。

最近じゃ新しい歌舞伎座が隈氏です。

最初はあまりのモダンさに目を疑うが、なれると木の柱とガラスが調和してくる。

なかなかいいもんです。


Dsc04610_2

ちょっと寄ってみます。

ガラス越しに中がよく見えます。

話かわって赤城神社の由緒。

群馬県でもっとも多いのが赤城神社。

県内で78社も分布してる。

二荒の神と中禅寺湖をめぐって戦った話は有名です。

左目を射抜かれた赤城の神が敗れ、中禅寺湖は下野に属することになった。

両者が戦ったのが戦場ヶ原。

赤城の神を信奉する豪族の大胡氏(牛込氏)が移住。

初め早稲田弦巻町に分霊を祀った(1300年、元赤城神社がある)。

その後牛込台をへて1555年に現在地に鎮座している。


Dsc04608_3

カフェもあります。

私がはしゃいだのが蛍雪天神。

高校3年になると旺文社発行の受験雑誌「蛍雪時代」で勉強したものです。

だからって何も天神様の名前を「蛍雪」にしなくても・・と反射的に考えたんです。

みんなに触れ回ったんだけど、あまり反応しなかったなあ。

由緒書きにはこうありました。

戦災で焼失した朝日天満宮を平成17年(2005)に復興。

寄進したのは旺文社というわけです。


Dsc04607

蛍雪天神は装飾を排したシンプルなつくり。

雑念に惑わされずに一心不乱に学問に励めということでしょうか。

  run  run

神楽坂は前回の有楽町線編で行ったばかりなので一路、飯田橋を目指します。

花冷えの寒い日だったので温かいものが恋しい。

居酒屋にて楽しい反省会。


« 帝劇とコロッケの唄・早稲田大学演劇博物館@地下鉄の地上を歩く会・東西線 | トップページ | 代表エースの候補たちが見せた気持ちのいいシュート@マチダのJ »

野の草や木」カテゴリの記事

コメント

へ~、あの赤城神社がこんなにモダンになったんですか。
新入社員の頃、東西線の神楽坂の駅からケヤキ並木の茂った
赤城神社の鳥居の前を通って、筑土八幡神社の脇を下り会社に通っていました。
ここも、武蔵野台地の突端、舌状台地に神社があるのです。
神楽坂から飯田橋界隈は独身時代の思い出が沢山詰まった街なので、
次回も楽しみにしています。

これから、「モヤモヤさま~ず」の神楽坂特集を見ます。tv


芙蓉酔人さん。

昔を知ってる方はびっくりされると思いますよ。

和モダンの神社もしゃれてていいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帝劇とコロッケの唄・早稲田大学演劇博物館@地下鉄の地上を歩く会・東西線 | トップページ | 代表エースの候補たちが見せた気持ちのいいシュート@マチダのJ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30